新しいカスタム関数の作成

新しいカスタム関数の作成

Deluge(デリュージ)とは、Data Enriched Language for the Universal Grid Environmentの略語で、Zohoサービスと連携したオンラインのスクリプト言語です。このスクリプトを使用すると、さまざまな種類のロジックや処理をカスタム関数に追加できます。保存してあるデータの値を関数の中で利用することも可能です(関連項目:Delugeスクリプト - ガイド)。

対象者
  • ワークフローの自動化ルールを設定するヘルプデスク管理者
  • Delugeスクリプトの知識を持つプログラマー

メモ:
  • 必要な権限:ヘルプデスクの自動化権限のあるユーザーのみ、この機能を利用できます。
  • カスタム関数は、エンタープライズプランでのみ利用できます。

新しい関数の作成
新しいカスタム関数は次の3つの手順で作成できます:
  • カスタム関数を作成する
  • カスタム関数をワークフロールールに関連付ける
  • カスタム関数の処理をテストする
カスタム関数を作成するには:
  1. 上部のバーにある設定アイコン  )をクリックします。
  2. [設定]ページで、[自動化]の[ワークフロー]をクリックします。
  3. [ワークフロー]のサブメニューで、[カスタム関数]をクリックします。
  4. [カスタム関数]ページで、右上にある[新しいカスタム関数]をクリックします。
  5. [カスタム関数の設定]ページで、[自分で作成]をクリックします。



  6. [Delugeスクリプト]ページで、次の手順を実行します:
    • 関数の名前を入力し、それらの項目を変更するタブを選択します。
    • [引数の編集]リンクをクリックします。
    • [引数の編集]ボックスで、引数をサポートタブの項目と関連付けるか、指定値を設定します。


       
    • [完了]をクリックします。

  7. Delugeスクリプト作成ツールで、必要な関数を作成します。コードを認証するには、[スクリプトを保存して実行]をクリックします。
    エラーがなければ、ワークフロールールにスクリプトを関連付ける準備が整いました。



  8. [保存]をクリックします。

ワークフロールールにカスタム関数を関連付けるには:
  1. 上部のバーにある設定アイコン  )をクリックします。
  2. [設定]ページで、[自動化][ワークフロー]をクリックします。
  3. [ワークフロールール]ページの右上にある[ルールの作成] をクリックします。
  4. [新しいワークフロー]ページで、ワークフローに関する基本情報を入力して、[次へ]をクリックします。
  5. 次のページで、実行する処理とワークフロールールのパラメーターを設定します。
  6. [処理]で、関数の追加アイコン  )をクリックし、既存のカスタム関数を選択します。
  7. 次のページで、関連付けるカスタム関数を選択し、[保存]をクリックします。

メモ:
  • または、[処理]で、カスタム関数の[新規] をクリックして、新しい関数を作成することもできます。完了したら、[保存して関連付ける]をクリックして、ワークフローに関数を関連付けます。

カスタム関数の連携をテストするには:
  1. ワークフロールールの条件に基づいて、Zoho Deskにデータを追加する必要があります。
  2. カスタム関数を利用してZoho Deskから取得したデータの内容を確認します。
  3. データが受信されなかった場合、またはアプリケーションに不一致があった場合は、Zoho Deskでカスタム関数コードを修正します。
  4. Zoho Deskからアプリケーションに必要なデータを取得するまで、関数のテストを続けることができます。

重要事項
  • 1件のワークフローにつき関連付けられるカスタム関数は、1件だけです。
  • Zoho Deskから外部アプリケーションに対し、最大10件のサポート項目の値(引数)を送信できます。
  • カスタム関数を使用して、他のアプリケーションからZoho Deskにデータを取得できます。
  • APIの認証情報は、外部アプリケーションの制限にしたがって、定期的に更新する必要があります。
  • カスタム関数において、外部アプリケーションのAPIの問題が原因で機能を停止しても、通知メールは送信されません。
  • Zoho Creatorサービスへの接続が確立できなかった場合、システムはその特定のワークフローの通知の送信を停止する前に3回再試行します。エラーが発生した場合じゃ、[失敗]セクションに表示されます。
  • 一日あたりの上限を超えた場合、システムから外部アプリにカスタム関数の残数情報は送信されませんが、管理者に障害を通知します。
  • send mail」(メール送信)のdelugeタスクを設定する際、「差出人」または「宛先」アドレスのいずれかにヘルプデスク管理者のメールアドレスが含まれている必要があります。
  • 対象のサービスに応じた「連携タスク」を初めて作成すると、それぞれのユーザーの認証情報がそのサービスに保存されます。

Delugeスクリプト作成ツールの使用
Delugeスクリプト作成ツールでは、ドラッグ&ドロップ操作で関数の内容を設定でき、Zoho Desk内でその関数を実行できます。Delugeスクリプトの構文や関数を覚える必要もなく、処理の内容を簡単に記述できます。次の内容から構成されます:
  • Delugeのスクリプトコード(1)
  • Delugeのタスク(2)
    • 条件
    • その他
    • デバッグ
    • リストの操作
    • マップの操作
    • Webデータ
    • XMLの操作
  • コードの実行(3)

Delugeのタスクの一覧
Delugeのタスク
用途
条件
その他
デバッグ
リストの操作
マップの操作
Webデータ
XMLの操作





          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.