Zoho Deskでのカスタム関数の使用

Zoho Deskでのカスタム関数の使用

カスタム関数は、独自の処理を実行する内容を記述したもので、サポート関連のデータの処理や他の外部アプリケーションでのデータの更新等に役立ちます。データがワークフローの条件に一致した際に、カスタム関数を自動で実行でき、データを更新することが可能です。カスタム関数では、Delugeスクリプト(Zoho Creatorの機能)を使用して独自のスクリプトを記述し、ワークフローのルールに関連付けて、自社用の処理を自動化できます(関連項目:Delugeスクリプト - ガイド)。

利用例
  • Zoho Deskで連絡先が作成または変更されたときに、Zoho CRMで新しい連絡先を追加するか、既存の連絡先を更新します。これにより、連絡先データベースをアプリ間で完全に同期させることができます。
  • Zoho Deskで取引先が作成または変更されたときに、Zoho CRMで新しい取引先を追加するか、既存の連絡先を更新します。これにより、取引先データベースをアプリケーション間で完全に同期させることができます。
  • Zoho Deskで新しい問い合わせが作成されるごとに、Zoho CRMで新しい連絡先を追加するか、既存の連絡先を更新します。これにより、営業チームの担当者が、Zoho CRMアカウント内で見込み客、連絡先、取引先の情報とあわせてサポートの情報を確認できます。
  • Zoho Deskで新しい問い合わせが作成されるごとに、Zoho CRMで新しい取引先を追加するか、既存の取引先を更新します。これにより、営業チームの担当者が、Zoho CRMアカウント内で見込み客、連絡先、取引先の情報とあわせてサポートの情報を確認できます。

対象者
  • ワークフローの自動化ルールを設定するヘルプデスク管理者
  • REST APIやDelugeスクリプトの知識がある技術者

メモ:
  • 必要な権限:ヘルプデスクの自動化権限のあるユーザーのみ、この機能を利用できます。
  • カスタム関数は、エンタープライズプランでのみ利用できます。

カスタム関数の設定
カスタム機能は、次の3つの簡単なステップで設定できます:
  • カスタム関数を作成する
  • カスタム関数をワークフロールールに関連付ける
  • カスタム関数の連携をテストする

カスタム関数を作成する:
  1. 上部のバーにある設定アイコン  )をクリックします。
  2. 設定ページの[自動化][ワークフロー]をクリックします。
  3. [ワークフロー]のサブメニューで、[カスタム関数]をクリックします。
  4. [カスタム関数]ページで、右上にある[新しいカスタム関数]をクリックします
  5. [ギャラリー]から関数を選択するか、Delugeスクリプトを使用して新しく作成します。
  6. [保存]をクリックします。



ワークフロールールにカスタム関数を関連付けるには:
  1. 上部のバーにある設定アイコン  )をクリックします。
  2. 設定ページの[自動化][ワークフロー]をクリックします。
  3. [ワークフロールール]ページで、右上にある[ルールの作成]をクリックします
  4. [新しいワークフロー]ページで、ワークフローに関する基本情報を入力して、[次へ]をクリックします。
  5. 次のページで、実行する処理とワークフロールールのパラメーターを設定します。
  6. [処理]で、関数の追加アイコン  )をクリックし、既存のカスタム関数を選択します。



  7. [保存]をクリックします。

カスタム関数の連携をテストするには:
  1. ワークフロールールの条件に基づいて、Zoho Deskにデータを追加する必要があります。
  2. カスタム関数を利用してZoho Deskから取得したデータの内容を確認します。
  3. データが受信されなかった場合、またはアプリケーションに不一致があった場合は、Zoho Deskでカスタム関数コードを変更します。
  4. Zoho Deskから必要なデータを取得できるまで、このテストを続けます。

重要事項
  • 1件のワークフローにつき関連付けられるカスタム関数は、1件だけです。
  • Zoho Deskから外部アプリケーションに対し、最大10件のサポート項目の値(引数)を送信できます。
  • カスタム関数を使用して、他のアプリケーションからZoho Deskにデータを取得することができます。
  • APIの認証情報は、外部アプリケーションの制限にしたがって、定期的に更新する必要があります。
  • カスタム関数において、外部アプリケーションの問題が原因で機能を停止しても、通知メールが送信されることはありません。
  • Zoho Creatorサービスへの接続が確立できなかった場合、システムはその特定のワークフローの通知の送信を停止する前に3回再試行します。エラーが発生した場合、[失敗]セクションに表示されます。
  • 一日あたりの上限を超えた場合、システムは外部アプリにカスタム関数の残数の情報は送信しませんが、管理者に障害を通知します。
  • send mail」(メール送信)のdelugeタスクを設定する際、「差出人」または「宛先」アドレスのいずれかにヘルプデスク管理者のメールアドレスが含まれている必要があります。
  • 対象のサービスに応じた「連携タスク」を初めて作成すると、それぞれのユーザーの認証情報がそのサービスに保存されます。
  • カスタム関数の上限
    • 関数の実行:50,000回/日。
    • ステートメント:200,000件/関数。
    • 連携タスクZoho APIの実行数500,000回/月。
    • URLの呼び出し:回数無制限
    • メールの送信 - 2,500通/月

エラーメッセージとその詳細
カスタム関数の使用中に表示される可能性のある失敗メッセージは、次のとおりです:
  • メールタスクの実行エラー - 「メール送信」タスクを実行できませんでした。
  • API呼び出しタスクの評価エラー:{0} - API呼び出しを実行できませんでした。
  • 間違ったデータの種類が指定されました。テンプレート変数「{0}」の種類は{1}である必要があります - 「set variable」(変数の設定)タスクにおいてデータの種類を文字列として記述していましたが、整数値を指定していました。
  • {0}タスクの実行エラー - 「call function」(関数の呼び出し)で連携タスクを呼び出すことができませんでした。
  • テンプレート変数「{0}」を更新できません - 式を実行できませんでした。
  • URLの呼び出し関数の評価エラー - 設定されたパラメーターが間違っているか、URLからの適切な応答がありません。





          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • Zoho Deskとは?

                            ヘルプデスク管理ソフトウェア Zoho Deskは、Webベースのヘルプデスクソフトウェアです。、カスタマーサポートの活動を効率的に管理できます。Zoho Deskでは、ヘルプデスクのお問い合わせの割り当て、追跡、通知の設定が簡単にできます。顧客のビジネスに合わせてZoho Deskをカスタマイズし、カスタマーサポートの顧客満足度を保証できます。 Zoho Deskの主な機能 カスタマーサポート問い合わせの優先度付け、対応状況の把握、完了 ...
                          • Zoho CRMとZoho Deskの連携

                            Zoho CRMとの連携により、顧客データベースを常に同期してデータの整合性を維持することで、営業チームとサポートチームが顧客の全体像を把握しやすくなります。連携するには、Zoho Deskの管理者権限が必要です。また、Zoho CRMの管理者権限も利用可能であることをご確認ください。 機能 Zoho CRMと連携すると、顧客サポートの向上に役立つ、以下の機能を利用できます: カスタム項目のデータを含めて連絡先と取引先のデータを双方向で同期し、データベース上の顧客情報を常に統一できます。 ...
                          • Zoho AssistとZoho Deskの連携

                            k Zoho Assistオプションは、Zoho Deskの問い合わせから安全なリモートサポートセッションを開始する機能を提供します。どこからでも顧客のコンピューターを確認したり制御したりできます—問題が発生している機器や画面を直接確認し、バグを再現したり、顧客の要望にすばやく対応したりできます。Windows、Mac、Linuxなどのオペレーティングシステムに関わらず、Webブラウザーからリモートサポートのセッションを実行できます。 アドオンのメリット: ...
                          • Zoho BugTracker連携の設定

                            技術チームの成功の鍵は、効率的な課題管理です。実際に、顧客は開発されるソフトウェアに大きな期待を寄せており、可能な限り最高のフィードバックをします。もし課題(フィードバックの確認)が効率的に解決され、管理されない場合は、顧客満足度に影響を及ぼします。Zoho BugTrackerは、このような課題の解決に役立つソフトウェアです。Zoho ...
                          • TrelloとZoho Deskの連携

                            Trello®は、チームの共同作業に役立つツールです。Trelloを使用すると、プロジェクトをボードで整理できます。Zoho DeskとTrelloの連携により、開発者やプロジェクト管理チームは、Trelloカードで顧客の問い合わせの背景情報や状況を簡単に把握できます。Power-Upは、TrelloカードとZoho Deskの問い合わせを関連付けするために使用する機能です。 Power-Upとは? Zoho ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.