連携やアドオンによるZoho Deskの強化

連携やアドオンによるZoho Deskの強化

単にサポート問い合わせに返信するシステムとしてZoho Deskを使用するのではなく、他のアプリケーションと連携して、価値を高め、情報を集約することができます。担当者がより楽になるように設計された、さまざまな連携オプションを見てみましょう。

Zoho CRM連携により、常に同期している共有顧客データベースを保持することで、営業チームとサポートチームが顧客の全体像を把握できます。担当者は、商談、メモ、活動など、顧客に関するZoho CRMの詳細を、サポート問い合わせと同じ画面で表示できます。

組織ですでに課題管理ソフトウェアである「JIRA」を使用している場合は、Zoho Deskと関連付けすることもできます。連携すると、担当者はサポート問い合わせの中から、JIRAの課題を登録し、進捗を管理できます。つまり、担当者が顧客とやりとりする際に、必要に応じて、サポート問い合わせとその課題情報を利用できます。

Zoho DeskとSalesforce間の双方向のデータ共有連携により、顧客の背景情報を意識した問い合わせ対応ができます。Salesforce CRM連携を使用すると、顧客情報の統合データベースを構築でき、見込み、メモ、活動などを、サポート問い合わせと同じ画面で確認できます。Zoho Deskの連絡先や取引先の画面内で、Salesforceからの顧客情報を確認することもできます。

Zoho DeskのSlack拡張機能では、すべての問い合わせ情報を1か所にまとめて、チームのコミュニケーションを集約できます。問い合わせを開いたり閉じたり、満足度評価を受け取ったり、ステータスを変更したりするたびに、担当者に通知できます。また、担当者はSlackコマンドを使用して、複数のタブ間を行き来することなく、Slackチャンネル内で重要な問い合わせ情報を取得できます。

チームを正しい方向に誘導するには、ヘルプデスクのデータから適切な情報を入手する必要があります。クラウドベースのBIプラットフォームである「Zoho Analytics」とヘルプデスクを連携させることで、効果的な意思決定のための分析と洞察を得ることができます。Zoho Analyticsを使用すると、担当者のパフォーマンス、問い合わせのトラフィック、返信時間と解決時間、満足度評価などの情報を得られます。

Zoho Finance Suite(会計サービス群)と連携すると、問い合わせ内で顧客のメインの取引先情報を表示できます。担当者は、見積書、請求書、その他の会計情報を表示、作成、管理できます。この関連情報は、担当者がやりとりの生産性を最大化し、積極的なカスタマーサポートに専念するのに役立ちます。

担当者は顧客の営業情報にリアルタイムにアクセスできるようになります。Zoho Inventory連携により、担当者が問い合わせ/連絡先/取引先内から、受注や請求の情報を表示、作成、管理できるようになります。Zoho DeskにZoho Inventoryの商品を同期することもできます。

Zoho Subscriptions連携により、Zoho Deskのサポート内で顧客のライフサイクルと支払いを管理できます。担当者は、顧客のプラン、サブスクリプションステータス、金額、更新日などのサブスクリプションの詳細を、顧客に発行した請求書とともに確認できます。これらの情報は、顧客が商品について問い合わせた際や、別のプランへのアップグレードする際、支払い関連の質問をしたときに役立ちます。

Zoho DeskとZoho Cliqの連携により、チーム全体がチャットウィンドウ内で、より効率的に、より良い視認性で作業するのに役立ちます。担当者は、問い合わせの検索、期限リマインダーの受信、ステータスの更新とコメントの通知、遅延/未対応の問い合わせの日単位の要約の表示などができます。

Zoho Deskの問い合わせから、素早く信頼性の高いリモートサポートセッションを開始できます。リモートサポートセッションは、迅速で適切かつ正確なソリューションであるため、顧客満足度を向上させることができます。

顧客側でスマートフォンやスマートグラスのカメラを使用することで、問い合わせページから直接、顧客に拡張現実(AR)ベースのリモートサポートを提供できます。特に、工場設備やサーバー等を扱う場合は、顧客のスマートフォンやスマートグラスのカメラを通じて、問題を確認し、解決に導くことができます。

Google Workspace(旧:G Suite)
組織でGoogle Workspaceを使用している場合、それをZoho Deskと組み合わせることにより、さらに活用できます。組織の連絡先とユーザーを、Google WorkspaceからZoho Deskにすぐにインポートできます。

Zoho DeskとZoho BugTrackerの連携により、サポートチームから技術チームまで、顧客とのコミュニケーションを一貫できます。担当者は、Zoho Desk内から課題のリアルタイムのステータスを登録して進捗を管理し、技術者と協力できます。

Zoho Flowを使用すると、コーディングなしで350以上のクラウドアプリにヘルプデスクを連携して、情報をスムーズに共有できます。アプリ間でトリガーに基づいて機能するワークフローや、トリガーの結果として自動実行する一連の処理を作成できます。

BiginとZoho Desk間で顧客情報を可視化することで、営業チームとサポートチーム間の共同作業を可能にします。Bigin連携により、BiginからZoho Deskに取引先、連絡先、商品情報をインポートして、同期できます。さらに、Bigin内で顧客の問い合わせ情報を表示することで、担当者が必要な営業の背景情報を取得できます。

Zapierを使用すると、Gmail、Trello、Slackなどの500以上のアプリにZoho Deskをすぐに連携し、業務の自動化と生産性の向上を実現できます。1つのアプリ内でイベントを選択するだけで、別のアプリで処理を実行できます。また、1つのトリガーイベントに必要な処理をいくつでも連携でき、時間のかかるワークフローを簡略化できます。

顧客と担当者とのテキストベースのコミュニケーションチャネルを開いて、顧客満足度を高め、担当者の生産性を向上させることができます。SMSオプションを使用すると、問い合わせやタスクに関連する重要なイベントに関する通知を送信できます。



          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.