レポートの条件パターンの編集

レポートの条件パターンの編集

条件パターンの編集

レポートの条件パターンの編集画面では、  AND(かつ) / OR(または) などの単純なロジックを使用して、詳細フィルターを定義できます。 
メモ 
  • 1つのレポートに最大 25件までの条件 を設定できます。

条件パターンを編集するには

  1. [レポート] タブをクリックします。
  2. レポートのリストから、条件パターンを編集するレポートの [カスタマイズ] リンクをクリックします。
  3. [レポートのカスタマイズ] ページで、 [条件] タブをクリックします。
  4. 既存の条件を確認し、 [パターンの変更] リンクをクリックします。
  5. [パターンの編集画面] ボックスでフィルターを変更し、 [保存] リンクをクリックします。
  6. 変更したレポートを保存します。



以下の条件に基づく商談を一覧表示するレポートを作成するとします:
ステージが「受注」、商談の担当者が「Manish Patel」または「Martin Wilson」、売上の期待値が「$10000 USD」より多く、見込み客のデータ元が「コールドコール」または「Webフォーム」

この条件は、以下の条件オプションを使用して簡単に作成できます:


条件パターンは、以下のように自動的に設定されます:


条件パターンが要件に一致しないため、以下のように編集できます:


条件パターンの編集画面では、次の文字を使用できます: 
  • 丸括弧:()
  • and / or 演算子
  • 条件行番号

重要事項:

  • [パターンの変更] ボックスが開いている場合、 [条件の指定] セクションで条件行を追加または削除することはできません。
  • 括弧を指定しない場合、演算子の優先順位は考慮されません。たとえば、条件を 「1 or 2 and 3」 と指定した場合、 「((1 or 2) and 3)」と見なされます。
  • 条件行の and または or を変更すると、下の編集画面で更新されます。
  • パターンの and 条件または or 条件を変更すると、上の行で更新されます。
  • 「1 and 2」 と指定して保存すると、レポートの編集時にパターンが 「(1 and 2)」 として表示されます。 「(1 and 2) or 3」 の場合、パターンは 「( (1 and 2) or 3 )」 と表示されます。
  • 編集画面で複数の行を追加し、1つずつ削除すると、パターンに括弧が追加されます。たとえば、4行が追加されていて、3行目を削除した場合、条件パターンは 「( ( ( ( 1 and 2 ) ) ) or 3 )」 となります。最初の行が削除されると、 「( ( ( ( 1 ) ) ) or 2 )」 として表示されます。ただし、条件を保存すると、 「(1 or 2)」 のように変わります。
  • 次の文字は無効であるため、使用しないでください: () (and) (or)
  • 括弧が一致しない場合は、無効として扱われます。
  • パターンで指定した行数と番号が一致せず、さらに指定したパターンに番号の欠落がある場合は、エラーメッセージが表示されます。
  • レポートの[保存]ボタンと[キャンセル]ボタンは、条件パターンの編集中は非表示になります。
  • 最後の括弧がない場合、条件パターンの編集画面とその表示モードで差異が生じます。
    編集画面での条件パターン
    表示モードでの条件パターン /b>
    ( 1 and 2 ) or ( 3 and 4 )
    ( ( 1 and 2 ) or ( 3 and 4 ) )
    1 and 2 and 3 and 4
    ( 1 and 2 and 3 and 4 )
    ( 1 or 2 ) and ( 3 or 4 )
    ( ( 1 or 2 ) and ( 3 or 4 ) )

条件での 「最新の活動日時」 の使用

データに変更が加えられた時刻です。メモの追加、タスクの完了、メールの送信、項目の編集などは、 「最新の活動日時」 に記録されます。この項目の情報は、レポート条件で使用でき、特定の期間活動がなかったデータや最近活動があったデータを抽出できます。 

メモ 
  • このオプションは、[見込み客]、[取引先]、[連絡先]、[商談]の各タブでのみ使用できます。
  • これらのタブは、 メインの タブとして選択するか、 関連 タブの1つである必要があります。
  • リスト表示条件下の 最新の活動日時 には、データに対するすべての更新が保存されますが、 最終更新 時刻 には、項目に対する変更のみが保存され、 メモ タスク 、または メール セクションに対する変更は含まれません。
  • この条件は、すべての種類のレポートで使用できます。
 

最新の活動日時に記録される活動と更新:

  • データ内の項目の編集
  • タスク、予定、通話などの活動の追加と更新
  • 見込み客や連絡先へのメール送信
  • メモの追加と編集
  • 取引先への商談と連絡先の追加
  • データ担当者の変更
  • データの追加と削除
    (親データに関連付けられているデータの削除は含まれません)。
  • タスクの完了
    (完了日時の後に[終了した活動]の下に自動的に移動されるため、予定には使用されません)。
  • データの削除と復元(個別または一括)
  • 一括更新、担当者の一括変更などの一括操作
    (一括削除オプションを除きます)。

最新の活動日時に記録されない活動と更新:

  • 取引先の連絡先や取引を編集しても、その取引先には表示されません。
  • データの関連リストの削除。

レポートのフォルダーの作成

初期設定では、レポートはさまざまなカテゴリーに保存されます。個人用または公開フォルダーを作成して、頻繁に使用するレポートを共有フォルダーに保存し、アクセスしやすくすることができます。

レポートのフォルダーを作成するには

  1. [レポート] タブをクリックします。
  2. [レポート] ホームページで、 [レポートのフォルダーの作成] をクリックします。
  3. [レポートのフォルダー の作成] ページで、次の手順を実行します:
    • [フォルダー名] を入力します。 
    • [フォルダーの詳細] を入力します。 
    • [アクセスの詳細] を選択します。 
      • [すべてのユーザーにこのレポートのフォルダーを表示]: すべてのユーザーに対してフォルダーアクセスを有効にする場合に選択します。 
      • [自分のみにこのレポートのフォルダーを表示]: フォルダーへのアクセスを自分に対してのみ有効にする場合に選択します。 
      • [次のユーザーにこのレポートのフォルダーを表示]: フォルダーにアクセスできるユーザーまたはユーザーの役職を選択します。 
  4. [保存] をクリックします。

レポートの表示

[レポート] タブの標準レポートにアクセスするには、レポートのフォルダー(アカウントと連絡先レポート、商談レポートなど)から特定のレポート( 取引先と連絡先 レポートの 連絡先メーリングリスト など)をクリックします。

レポートを表示するには

  1. [レポート] タブをクリックします。
  2. [レポート]ホーム ページで、該当するレポートのグループをクリックします。
  3. 表示されているレポートのリストから、目的のレポートのリンクをクリックします。
  4. レポートのレポート名、フォルダーの詳細、説明を変更するには、 [編集] リンクをクリックします。
  5. レポートをカスタマイズするには、レポートの横にある [カスタマイズ] リンクをクリックします。
  6. [レポート] ページでは、次の処理を実行できます。
    • エクスポート :レポートをエクスポートし、Excel、PDF、またはCSV形式でローカルドライブに保存するにはこのオプションを使用します。 
    • 名前を付けて保存 :レポートを新しい名前で保存するにはこのオプションを使用します。このオプションは、特定のデータを抽出し、後で参照できるように保存する場合に便利です。 
    • カスタマイズ :この機能は、レポートの種類、列、グループ化、フィルター基準などに関するレポートをカスタマイズするために使用します。 
    • 再読み込み :ページの内容を更新またはリフレッシュするにはこのオプションを使用します。 
    • 詳細の非表示 / 詳細の表示 [詳細の非表示] をクリックしてレポートの詳細を非表示にし、 [詳細の表示] をクリックして非表示になっているレポートの詳細を表示します。 
    • グラフの作成 :この機能を使用すると、選択したレポートの詳細に基づいてグラフ(棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフ、ファネルグラフなど)を作成できます。 
  7. 次のいずれかの処理を行い、 [フィルターの適用] をクリックすると、指定したフィルターオプションに基づいたレポートが表示されます:
    • 列リストから [最終作成時刻] または [最終更新時刻] を選択します。
    • 隣接するリストからオプションを選択します。( [次のFQ] など)。
      このオプションを選択すると、 開始 日と 終了 日がそれぞれのボックスに自動的に表示されます。 
    • 開始日 終了日 をmm/dd/yyyy形式で入力するか、表示されたカレンダーから日付を選択します。 


メモ 
  • 1ページに最大2,000件のデータが表示されます。他のページを表示するには、ナビゲーションのオプションを使用します。
  • 各エクスポートで、1ページあたり最大2000データをエクスポートできます。
  • FQ は会計四半期を示し、 FY は会計年度を示します。

レポートの削除

不要なレポートを定期的に削除できます。削除できるのは自分一人で作成したレポートのみです。また、レポートとダッシュボードの管理権限が必要です。

レポートを削除するには

  1. [レポート] タブをクリックします。
  2. [レポート] ホームページで、削除するレポートの  [削除] リンクをクリックします。

標準レポートの編集

レポートとダッシュボードの管理権限がある場合は、標準のレポートを編集できます。

レポートを編集するには

  1. [レポート] タブをクリックします。
  2. [レポート] ホームページで、編集するレポートの  [編集] リンクをクリックします。 


関連情報

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • レポートの作成

                            関連するタブのデータを組み合わせて新しいレポートを作成できます。たとえば、[取引先]タブで、[連絡先]、[商談]、[見積書]などの他のタブに関連するレポートを作成できます。 レポートの種類 表形式レポート: レポートに小計欄なしのデータを表示します。この種類のレポートは、連絡先メールアドレスの一覧、営業パイプラインの概要表示などの作成に使用できます。 要約レポート: データを小計、グループ、その他の概要情報とともに表示します。 マトリクスレポート: ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.