Zoho CampaignsとZoho CRMの連携

Zoho CampaignsとZoho CRMの連携

メールマーケティングは、見込み客を引き付けるために広く採用されている方法の1つです。そのメールマーケティングに役立つのが、Zoho Campaignsです。メールの作成と配信、配信先の絞り込み、開封やクリックなどの反応の追跡、A/Bテストによる最適化などが可能です。Zoho CampaignsとZoho CRMを連携することで、キャンペーンの配信対象とする見込み客や連絡先をすべて含めた配信リストを簡単に作成できます。Zoho CRMの制限を超えた大量のメール配信も可能になります。

なお、Zoho Campaignsは、Zoho CRMの[キャンペーン]タブとは別のものです。Zoho Campaignsは、Zohoのメールマーケティング用のアプリケーションです。Zoho CRMには[キャンペーン]と呼ばれるタブがあり、メールキャンペーンをはじめ、さまざまなマーケティングキャンペーンを計画して管理するのに役立ちます。

また、Zoho CRMの[キャンペーン]タブと、Zoho Campaignsは連携することが可能です。Zoho Campaignsを通じて配信されたメールに対する受信者の反応は、Zoho CRM内に組み込まれた[キャンペーン]タブでも追跡できます。

Zoho CampaignsとZoho CRMの連携設定

Zoho CRMとZoho Campaignsを同期すると、Zoho CRMからZoho Campaignsに見込み客と連絡先をエクスポートし、該当データを対象としてメールを配信できます。メールマガジン、ニュースレター、ウェルカムメール、アンケートなどのキャンペーンを計画して実行し、見込み客の反応を追跡することで、マーケティングキャンペーンの改善につなげられます。たとえば、受信したメールを迷惑メールに設定した見込み客よりも、メール内のリンクをクリックした見込み客の方が確度が高いです。こうした情報を参考にすることで、より成果を向上させることができます。
メモ :Zoho CampaignsとZoho CRMの連携は、すべてのプランで利用できます。この連携により、Zoho Campaignsの組織アカウントからメールを配信できます。

Zoho CampaignsとZoho CRMの連携の設定手順は、次のとおりです:

手順1:同期の種類の選択
連携の設定時に、次の2つの同期の種類のいずれかを選択できます:
  1. 定期的な同期:Zoho CRMからZoho Campaignsへのデータのインポートを、1回、毎日、毎週、毎月などの定期的に実行できます。
  2. 今すぐの同期:Zoho CRMアカウントで行った変更内容を、Zoho Campaignsアカウントにすぐに同期して反映させることができます。
                   
手順2:Zoho Campaignsの配信リストとZoho CRMのビューの同期
  1. ビューは、設定された条件に一致するデータのグループ(一覧)です。たとえば、[今日登録した見込み客]ビューは、今日アカウントに追加された見込み客の一覧です。Zoho CRMでは、あらかじめ用意されている標準ビューをすぐに使用することも、ニーズに合わせて条件を設定してカスタムビューを作成することもできます。 
  2. Zoho Campaignsの配信リストは、特定の条件に基づいてグループ化された、メールの宛先の一覧です。
メモ :同期は、[見込み客]タブ、[連絡先]タブ、カスタムタブに対して設定できます。(タブにはメールアドレスの項目が必要です)。 

手順3:Zoho Campaignsの項目とZoho CRMの項目の関連付け 
同期が完了すると、関連付けられているZoho CRMの項目の値が、Zoho Campaignsの項目に反映されます。項目の関連付けは、カスタマイズできます。
関連付けできない項目:
  1. 更新者
  2. 作成者
  3. 更新日時
  4. レイアウト
  5. ウィザード
  6. ルックアップと複数ユーザールックアップ
  7. プロフィール画像
  8. ファイルのアップロード
  9. サブフォーム
  10. 画像のアップロード
メモ
  1. 項目の関連付け中にタブ内に新しい項目が作成された場合、該当の項目は、同期が有効になった後に処理されたデータにのみ表示されます。既存のキャンペーンの場合、この項目は、それぞれのキャンペーンの同期を再開した場合にのみ表示されます。 たとえば、項目の関連付け中に[顧客の反応]という項目を追加した場合、この項目は以前に同期されたキャンペーンには表示されません。項目を表示するには、以前のキャンペーンで同期を再開する必要があります。

手順4:[CRMからCampaignsへの同期時の処理]タブ
[CRMからCampaignsへの同期時の処理]タブでは、次の設定ができます:
  1. 空の値で項目を更新する: この設定を有効にすると、Zoho CRM内で関連付けられている項目から値が削除され、Zoho Campaignsの項目からも削除されます。
  2. 削除した連絡先を更新する: この設定を有効にすると、Zoho CRMから削除された連絡先が、Zoho Campaignsからも削除されます。

連携の設定と同期の設定

同期を設定する前に、連携を有効にする必要があります。
連携を有効にするには:
  1. [設定] > [マーケットプレイス] > [Zoho] > [Zoho Campaigns] に移動します。
  2. [有効にする] をクリックします。
  3. 開始する同期の種類を選択します:今すぐの同期または定期的な同期



    1. 今すぐの同期:
      1. [同期]タブで同期するタブを選択します。
      2. 同期名を入力します。
      3. Zoho Campaignsの配信リストと同期するビューを選択します。選択したタブで、標準ビューまたはカスタムビューの一覧から選択します。
      4. Zoho CRMと同期するZoho Campaignsの配信リストを選択します。または、こちらで新しい配信リストを作成することもできます。 
      5. メールをオプトアウト(配信停止)した見込み客や連絡先を除外し、対象として適切な見込み客や連絡先のみをエクスポートする場合は、 [高度な同期] 設定で [メール対象外(オプトアウト)の登録者を除外する] のチェックボックスを選択します。 




    1. 定期的な同期:
      1. [同期]タブで同期するタブを選択します。
      2. 同期名を入力します。
      3. Zoho Campaignsの配信リストと同期するビューを選択します。選択したタブの標準ビューまたはカスタムビューの一覧から選択します。
      4. Zoho CRMと同期するZoho Campaignsの配信リストを選択します。または、こちらで新しい配信リストを作成することもできます。 
      5. [取得の設定]で、次のいずれかの[データ取得の頻度]を設定します:
        1. [一度のみ]:カスタムビューのデータを1回のみ同期する場合。
        2. [毎日]、[毎週]、[毎月]:定期的に同期する場合。また、同期を実行する時刻も設定する必要があります。
      6. [取得するデータ]で、対象範囲を選択します:
        1. [すべてのデータ]:すべてのデータを取得する場合。
        2. [指定日時以降に追加されたデータ]:特定の日時以降に作成または更新されたデータのみ取得する場合。



      7. メールをオプトアウト(配信停止)した見込み客や連絡先を除外する場合は、[メール対象外(オプトアウト)の登録者を除外する]チェックボックスを選択します。  
    メモ 新しい同期が設定されると、予約時刻にかかわらず、選択したカスタムビューからデータがすぐに同期されます。2つの同期が同時に実行されるように予約設定することはできません。

  4. Zoho CRMのビューとZoho Campaignsの配信リスト間で、同期が設定されます。
    切り替えボタンを使用すると、同期を有効または無効にできます。



  5. 同期をクリックすると、 同期の詳細 ページを表示できます。
    [新しい登録者]、[再追加された登録者]、[重複している登録者]、[無視された登録者]、[削除された登録者]などの同期の詳細を表示できます。詳細な概要を表示するには、[詳細な概要を表示]をクリックします。   

     
メモ:
  1. [見込み客]タブを同期する場合、[変換済みの見込み客を除外する]オプションを使用できます。見込み客が変換された場合にリストから該当の見込み客を削除するには、このボックスを選択します。



  2. 既存の同期の場合は、次のセクションのみ編集します:
    1. 今すぐの同期:高度なデータ設定
    2. 定期的な同期:データの取得設定と高度な設定

  3. [有効な同期]セクションには、有効な同期の数が表示されます。[今月の残りの同期]セクションには、その月に実行できる同期の数が表示されます。1日あたり最大10回の同期、1か月あたり最大50回の同期を実行できます。



Zoho Campaignsの項目にZoho CRMの項目を関連付けるには
  1. [キャンペーン設定]ページの[項目の関連付け]タブに移動します。
  2. 関連付けるタブを選択します。
  3. [+]アイコンをクリックします。



  4. 選択リストから、Zoho CRMの項目と対応するZoho Campaignsの項目を選択します。[Zoho Campaigns]の選択リストで適切な項目が見つからない場合は、項目の作成メニューを使用して、Zoho Campaignsに新しい項目を作成できます。
    [-]や編集アイコンを使用して、項目の関連付けを削除または編集できます。
  5. 項目の関連付けが完了したら、2つのサービス間で項目を更新する方法を設定します。
[CRMからCampaignsへの同期時の処理]タブ
  1. Zoho Campaignsの設定で、 [CRMからCampaignsへの同期時の処理] をクリックします。
  2. ニーズにあわせていずれかの設定を切り替えます:
    1. 空の値で項目を更新する
    2. 削除した連絡先を更新する


Zoho Campaignsから実行できる機能の詳細については、 同期の設定 ページをご参照ください。

Zoho CRMからのキャンペーンの作成  

同期を設定しなくても、Zoho CRMの[キャンペーン]タブからZoho Campaignsでのキャンペーンのデータを作成して、送信できます。たとえば、展示会で会ったすべての見込み客のメールアドレスを含む配信リストがあるとします。最近追加された見込み客のみに、ウェルカムメールを送信したい場合もあるでしょう。まず同期する代わりに、該当の見込み客を[キャンペーン]タブに受信者として追加して、ウェルカムメールを送信できます。
メモ :Zoho CRMからのキャンペーンの作成機能は、エンタープライズプラン以上でのみ利用できます。 

キャンペーンを作成するには
  1. Zoho CRMアカウントに ログイン し、[キャンペーン]タブに移動します。
  2. リストビューの[+]アイコンをクリックし、選択リストから[Zoho Campaigns]を選択します。



  3. キャンペーンの作成ページで、次の詳細情報を入力します。
    1. キャンペーンの詳細
    2. キャンペーン情報
    3. 詳細情報

  4. [保存] をクリックします。
メモ:
Zoho Campaignを初めて利用する場合は、ポップアップが表示され、組織情報を入力するように求められます。上記の詳細は、Zoho Campaignsから配信するメールのフッター欄に反映されます。
 


キャンペーンの詳細ページ
キャンペーンの作成が完了すると、[次の手順]セクションで進行状況を表示、追跡できます。このセクションには、現在のステップと次の手順が表示されます。また、キャンペーンの作成時に入力した概要やその他の詳細を確認することもできます。


  

Zoho CRMからのキャンペーンの送信

Zoho CRMの画面から、見込み客や連絡先にキャンペーンを送信できます。詳細ページの[次の手順]セクションには、キャンペーンを送信するために完了する必要のある手順が表示されます。このセクションの各手順をクリックすると、必要な手順をスムーズに進めることができます。


 
Zoho CRMからキャンペーンを送信するには、次の5つの手順を実行する必要があります:
  1.   キャンペーンのテンプレートの選択または作成: Zoho Campaignには、さまざまなテンプレートが用意されています。デザインテンプレートまたは基本のテンプレートから選択できます。すでにテンプレートを作成している場合は、[自分のテンプレート]または[最近配信]で検索できます。HTMLまたはテキストの形式用の編集画面を使用して、新しいテンプレートを作成することもできます。



  2. 受信者の追加: キャンペーンを配信する見込み客または連絡先を選択します。合計400,000人(タブごとに200,000人)の受信者を選択できます。Zoho CRMに受信者リストがある場合、または、受信者を一括で追加する必要がある場合は、受信者リストをインポートすることもできます。

  3. リストの関連付け: 受信者を同期する配信リストを関連付けます。ポップアップで、新しい配信リストを作成することもできます。



  4. レビューの依頼: 配信リストに受信者を関連付けた後、キャンペーンのレビュー依頼ができます。キャンペーンのレビュー依頼をすると、配信リストに受信者が同期され、以降は配信リストの変更や、受信者の追加または削除ができなくなります。同期が完了するまでにかかる時間は、受信者の人数によって異なります。


メモ
  1. キャンペーンのレビュー依頼をする前に、選択した配信リスト内の既存の連絡先に対してキャンペーンを送信するかどうかを選択するように求められます。



システムにより、迷惑メールの内容が含まれていないこと、および配信元アドレスが無料メールのドメイン(例:@ gmail.com)ではなく自社のドメイン(例:@ yourcompany.com)であることが確認されます。レビュー中に、キャンペーンのテンプレート内の項目を、Zoho CRMの[見込み客]タブや[連絡先]タブの項目に関連付けるように求められます。これは、Zoho CampaignsとZoho CRMの連携時に、項目の関連付けを設定しなかった場合にのみ発生します。 
  1. 実際に受信者に配信する前に、キャンペーン確認用のテストメールを自分宛てに送信できます。 
  2. ステータスを確認するには、[次の手順]欄の[更新]アイコンを使用する必要がある場合があります。
  1. キャンペーンの配信: レビューが完了したら、受信者にキャンペーンを配信できます。同期中に一部の受信者がスキップされた場合、[キャンペーンの配信]アイコンの下に警告アイコンが表示されます。アイコンをクリックすると、受信者がスキップされた理由とスキップされたデータの件数を確認できます。 
    受信者がスキップされた場合、そのサービスステータスと参加ステータスは[スキップ済み]に設定されます。
     
  1. キャンペーンが正常に配信されると、ステータスが[配信済み]に更新されます。
  2. キャンペーンを配信できなかった場合、ステータスは[キャンセル]または[停止]に更新されます。[詳細を表示]をクリックすると、配信できなかった理由と、Zoho Campaignsのサポート窓口へのお問い合わせ方法を確認できます。テンプレート内の動画がWebサイトから削除された場合も、キャンペーンがキャンセルされる可能性があります。



Zoho CRMからキャンペーンを配信するには

  1. キャンペーンの詳細ページの [次の手順] セクションにある [テンプレートの選択] をクリックします。 Zoho Campaignsに移動します。
  2. [テンプレートの選択]の選択リストで、次のいずれかのカテゴリーを選択します:
    1. デザインテンプレート
    2. 基本テンプレート
    3. 自分のテンプレート
    4. 最近配信したテンプレート
  3. テキストまたはHTML形式の編集画面を使用して、メールの本文を作成することもできます。



  4. 対象のテンプレートを選択して、 [選択] をクリックします。
  5. [プレビューとテスト] または[変更を保存]をクリックします。
  6. [保存して次へ] をクリックします。
    メモ: [編集]または[削除] アイコンを使用すると、 キャンペーンを配信する前にメールの本文を編集または削除できます。レビュー依頼後にテンプレートを編集すると、キャンペーンが下書きに移動するため、再度レビュー依頼をする必要があります。



  7. キャンペーンの詳細ページの [次の手順] セクションにある [受信者の追加] をクリックします。
  8. 見込み客または連絡先から、受信者を選択します。新しい見込み客や連絡先を追加したり、[受信者のインポート]をクリックして受信者を一括でインポートしたりすることもできます。
  9. [次へ] をクリックします。
  10. 選択リストから、 [キャンペーン参加ステータス] を選択します。
  11. [保存] をクリックします。



  12. キャンペーンの詳細ページの[次の手順]セクションにある [リストの関連付け] をクリックします。
  13. [リストの関連付け]ポップアップで、 [既存のリストを選択] または [新しいリストを作成] をクリックします。
    1. 選択リストから既存のリストを選択するか、
    2. [新しいリストの作成]ボックスに登録者の名前とメッセージを入力します。 



  14. [保存] をクリックします。
  15. キャンペーンの詳細ページの [次の手順] セクションにある [レビューの依頼] をクリックします。
  16. 新しい受信者に加えてリストの既存の連絡先にもキャンペーンを配信する場合は、[レビューの依頼]ポップアップの[このリストの既存の連絡先にも キャンペーンを配信 する]のチェックボックスを選択します。
  17. [確定して続ける] をクリックします。



  18. テンプレート内の項目をZoho CRMの項目に関連付けます。



    項目を関連付けた後、キャンペーンのレビュー依頼が実行され、ステータスが[受信者の同期中]に更新されます。



    同期が完了すると、ステータスが[レビュー待ち]に更新されます。

     

    メモ :[テストメールの配信]メニューを使用すると、一度に最大5件のメールアドレスにテストメールを送信して、受信者に配信する前に内容を確認できます。




  19. キャンペーンの詳細ページの[次の手順]セクションで、[キャンペーンの配信]をクリックします。

キャンペーンへの反応の追跡

Zoho CRMからZoho Campaignsに見込み客や連絡先を同期することで、同期したデータを配信対象としてメールキャンペーンや 自動配信 キャンペーンを配信できます(ドリップマーケティング用に使用できます)。メールキャンペーンの実施後、Zoho CRMの[キャンペーン]タブで、さまざまな種類の反応を簡単に追跡できます。キャンペーン参加者の詳細を確認し、配信したメールキャンペーンのステータスを表示できます。さらに、Zoho Campaignsにログインしなくても、メールキャンペーンの詳細な統計を確認することもできます。[キャンペーン]のホーム画面には、すべてのキャンペーンの一覧が表示されます。[キャンペーンの種類]という列は、そのキャンペーンがZoho CRMまたはZoho Campaignsのどちらで作成されたかを示しています。

Zoho Campaignsで作成または同期したキャンペーンや自動配信を表示するには
  1. Zoho CRMで、 [キャンペーン] タブをクリックします。
  2. Zoho Campaignsで最近完了したキャンペーンを開きます。
    または、Zoho Campaignsの横にあるアイコンをクリックして、かんたん表示を使用できます。


メモ
  1. [自動配信キャンペーン]では、この[自動配信]ページに、個々のキャンペーンメッセージの全体的な概要が表示されます。
                     


  2. [子キャンペーン]という関連リストの下にある、個々のキャンペーンメッセージをクリックすると、それぞれの[概要]と[受信者の反応]の詳細が表示されます。


キャンペーンの概要と受信者の反応

キャンペーンが配信されると、Zoho CRMでキャンペーンの概要と受信者の反応を確認できます。こちらで次の項目の件数を確認できます:
  1. 到達したメール。
  2. 不達(バウンス)または未到達のメール。
  3. メールを開封した受信者と開封しなかった受信者。
  4. クリックされたメール。
  5. 受信者から受け取った苦情。
  6. メール配信について登録解除した受信者。
[概要]セクションには、[件名]、[配信元の詳細]などのキャンペーンの重要な情報と、キャンペーンへの反応の統計が表示されます。 

 


  1. 受信者の反応: キャンペーンをクリック、登録解除、開封、迷惑メールに設定した受信者のリストが表示されます。参加ステータスを選択すると、このキャンペーンへの反応に基づいて、受信者のリストを抽出して表示できます。また、右側の選択リストから、それぞれの反応の種類を示した見込み客や連絡先を抽出して表示することもできます。

 

Zoho Campaigns連携の完全な無効化

Zoho Campaigns連携を完全に無効にした場合:
  1. Zoho Campaignsのレイアウトにあるすべてのキャンペーンが、標準レイアウトのオフラインキャンペーンに変換されます。
  2. オフラインキャンペーンでは、同期されたデータは利用できなくなります。
  3. 未配信のキャンペーンは、Zoho Campaignsからのみ配信できます。  

Zoho Campaigns連携の無効化

Zoho Campaigns連携を無効にした場合:
  1. Zoho CRM内のすべてのキャンペーンについて、Zoho Campaignsとの関連付けが解除されます。
  2. 過去のキャンペーンまたは有効なキャンペーンに最新データを同期できなくなります。
  3. すべての同期の設定が完全に削除されます。 

関連情報

    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • GoCardlessとZoho CRMの連携

                            GoCardlessでは、顧客からの支払いに関する処理を効率よく管理することができます。決済後すぐに顧客の支払い口座から代金が引き落とされ、指定した口座で代金を受け取ることが可能です。Zoho CRMのGoCardless拡張機能を利用すると、Zoho CRMから直接顧客に請求書を送信したり、支払いを受け取ったりできるようになります。顧客からの支払いは、GoCardlessアカウントに関連付けられている銀行口座に直接入金されます。 拡張機能のインストール GoCardless拡張機能は、Zoho ...
                          • ChARM HealthとZoho CRMの連携

                            ChARM HealthとZoho CRMを連携すると、ChARM HealthとZoho CRMの間で患者情報を同期することができます。アプリケーション間で常に同期がされるため、どちらのアプリケーションからでも常に最新の患者データにアクセスできます。また、Zoho CRMの既存の連絡先を変換することで、ChARM Healthの新しい患者データを作成することもできます。 拡張機能のインストール (設定)→[マーケットプレイス]の[すべて]をクリックします。 [All ...
                          • GmailとZoho CRMの連携

                            Zoho CRMでは、CRMアカウント内のGmailからメールを取得できます。必要なのはPOPを設定してメールボックスとしてGmailアカウントを選択することだけです。 GmailとZoho CRMを連携するには、次の手順を実行します:    GmailでPOP転送を有効にする POPアカウントを設定する メールボックスを設定する GmailでPOP転送を有効にする 時間基準の処理を作成するには Gmail にサインインします。 (設定アイコン)をクリックして、 [設定] を選択します。 ...
                          • HubSpotとZoho CRMの連携

                            Zoho CRMのHubSpot拡張機能を利用すると、Zoho CRMの画面においてHubSpotのデータを表示できます。Zoho CRMからHubSpotに連絡先や見込み客を追加することもできます。この連携により、HubSpotとZoho CRMのデータ(見込み客と連絡先)を簡単に同期できます。 メモ:拡張機能では、Zoho CRMの見込み客と連絡先タブのみがサポートされています。 拡張機能のインストール 拡張機能をインストールするには ...
                          • ClearbitとZoho CRMの連携

                            ZohoCRM内から顧客に関するデータを直接取得できます。顧客(見込み客、連絡先、取引先)の調査に費やす時間を減らすことが可能です。Zoho CRMとClearbitを連携させると、詳細な顧客情報を取得して表示できます。個人や会社の詳細、ソーシャルメディアの情報などを確認できます。見込み客や連絡先のメールアドレスや取引先のWebサイト情報をもとに、関連情報を取得することが可能です。 拡張機能のインストール Clearbit拡張機能は、Zoho ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.