組織情報の管理

組織情報の管理

Zoho CRMの組織アカウントに、組織の要件に応じた設定を行い、アカウント全体に適用できます。これにより、組織内のユーザーが、Zoho CRMのアカウントを利用しやすくなります。Zoho CRMでは、管理者権限を持つユーザーが最初に組織設定を行うことを推奨しています。

組織情報の編集

組織情報を変更するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインします。
  2. [設定][一般][組織情報]の順に移動します。
  3. [組織情報]タブで、鉛筆(編集)アイコンをクリックします。
  4. 表示された[組織情報]の編集画面で、組織に関する詳細を追加します。
  5. [保存する]をクリックします。

通貨の設定

通貨を設定して、組織アカウント全体に適用できます。初期設定では、通貨は米ドル($)に設定されていますが、組織の要件に応じて、管理者権限を持つユーザーが通貨の設定を変更できます。設定した通貨に基づき、見積書、請求書、キャンペーン、その他の請求関連項目の通貨の値が更新されます。

通貨を選択するには

  1. 管理者権限で、Zoho CRMにログインします。
  2. [設定][一般][組織情報]の順に移動します。
  3. [通貨]タブで、[基準通貨]の一覧から対象の通貨を選択します。
  4. [確定する]をクリックします。

ロゴのカスタマイズ

Zoho CRMでは、アカウントの外観をカスタマイズするために、画面左上にあるZoho CRMのロゴを組織独自のロゴに変更できます。カスタマイズしたロゴは、CRMアカウント内のすべてのユーザーの画面に表示されます。

  • ロゴの画像ファイルは、10MB以下にする必要があります。
  • ロゴの最適なサイズは、190(横)x65(縦)ピクセルです。
  • 使用できるファイル形式は、.jpg、.png、.gifです。

ロゴをカスタマイズするには

  1. 管理者または特権管理者の権限で、Zoho CRMにログインします。
  2. [設定][一般][組織情報]の順に移動します。
  3. [組織情報]タブで、左上にある[ロゴをアップロードする]リンクをクリックします。
  4. ロゴの画像ファイルを参照して、アップロードします。使用できるファイル形式は、.jpg、.png、.gifです。

組織のタイムゾーンの設定

組織のZoho CRMアカウントに、共通のタイムゾーンを設定できます。ワークフロールールでは、組織のタイムゾーンに基づいて1日が計算されます。

組織のタイムゾーンを設定するには

  1. 管理者権限で、Zoho CRMにログインします。
  2. [設定][一般][組織情報]の順に移動します。
  3. [組織情報]タブで、[地域情報]設定の右隣にある鉛筆(編集)アイコンをクリックします。
  4. 表示された[地域情報]の編集画面で、 [通貨][タイムゾーン]一覧から対象の値を選択します。
  5. [保存する]をクリックします。

特権管理者の選択

Zoho CRMの特権管理者とは、Zoho CRMのライセンス購入に関する手続きを行うユーザーのことです。また、管理者を特権管理者に割り当てることができるのは、組織の特権管理者のみです。 

特権管理者を選択するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. [設定][一般][組織情報]の順に移動します。
  3. [組織情報]画面の右上にある、鉛筆(編集)アイコンをクリックします。
  4. 表示された[組織情報]の編集画面で、[特権管理者]一覧から対象のユーザーを選択します。
  5. [保存する]をクリックします。
メモ
  • 組織の特権管理者に割り当てることができるのは、管理者権限を持つ有効なユーザーのみです。
  • Zoho CRMでユーザーの削除ができるのは、特権管理者のみです。

関連情報











                        • Related Articles

                        • どうやってZoho CRMからのすべての連絡を行う連絡先(特権管理者)を変更できますか?

                          特権管理者の連絡先は、Zoho CRMからの取引と請求書に関するすべての連絡を行うために使用されます。 特権管理者を変更するには、以下の手順で行います。 管理者権限でZoho CRMにサインインします。 設定> 一般 > 組織情報に移動します。 組織情報ページで、 「編集」アイコンをクリックします。 組織情報ポップアップウィンドウで、一覧から「特権管理者」を選択します。 「保存」をクリックします。 注: 組織の特権管理者として選択できるのは、Zoho ...
                        • 会計年度の設定

                          組織の会計年度を設定することで、会計期間に基づいて売上や経費などを管理できます。会計年度の開始月を選択すると、会計年度/四半期が自動的に設定されます。初期設定では、Zoho CRMの会計年度の開始月は「1月」に設定されています。また、会計年度名の基準として、開始月または終了月のいずれかを選択できます。選択した基準に応じて、会計年度名が設定されます。たとえば、会計年度が2022年4月に開始し、2023年3月に終了するとします。 ...
                        • 階層設定の管理

                          一般的な組織では、役職に応じた階層構造がとられており、役職に応じてデータへのアクセス権限が設定されます。Zoho CRMの組織アカウントでは、役職による階層、または直属の上司による階層の2通りの階層設定が可能です。設定の[組織情報]のメニューで、いずれかの階層設定を選択できます。 なお、どちらの階層設定でも、役職を設定して個々のユーザーに割り当てる必要があります。ユーザーに割り当てることができる役職は1件のみです。 役職による階層 ...
                        • 営業時間の管理

                          「営業時間」として組織の業務時間を設定できます。通常、営業時間は組織の所在地のタイムゾーンに基づいて設定されます。ただし、組織の拠点が複数の国や地域にある場合、本社の営業時間を組織全体に適用すると、本社以外の拠点のタイムゾーンに合わない可能性があります。これを避けるために、Zoho CRMではタイムゾーンごとにシフト時間を作成できます。 ...
                        • 複数の通貨の管理

                          Zoho CRMにおける複数の通貨の設定は、国際的な取引や複数の通貨を使用する取引のデータを管理するのに役立ちます。海外の顧客や仕入先と定期的に取引する場合に、複数の通貨を使用して取引データを記録できます。Zoho CRMで複数の通貨を設定すると、次のことができます: 組織で使用する通貨と顧客の現地通貨で、商談金額の見積書を作成する 組織の通貨でレポートを作成し、表示する 複数の通貨のデータを含むファイルをインポートする 利用条件 必要な権限 ...

                        Resources

                        Videos

                        Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                        eBooks

                        Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                        Webinars

                        Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                        CRM Tips

                        Make the most of Zoho CRM with these useful tips.