問い合わせの課題登録 - JIRA

問い合わせの課題登録 - JIRA

ほとんどの場合、顧客が一度課題を送信すると、その課題の進捗を管理できなくなります。しかし、JIRAアプリとZoho Deskを連携すると、その問題を解決できます。担当者として、Zoho Deskの問い合わせの画面から、JIRAの課題として問い合わせを送信できます。課題が作成されると、担当者は課題を表示でき、解決するまでのステータスを把握できます。

課題入力オプション
Zoho Deskでの課題の入力に関しては、いくつかのオプションがあります:
  • 新しいJIRAの課題を作成するか、問い合わせから既存の課題に関連付けするかを選択できます。
  • 開発者と共有したい情報の量に基づいて、特定の問い合わせのやりとりから、または問い合わせ全体に対して、課題を登録することができます。
新しいJIRAの課題の登録
問い合わせの詳細ページから、新しいJIRAの課題を作成できます。
新しいJIRAの課題を作成するには:
  1. 問い合わせを開いて、詳細を表示します。
  2. 顧客の返信上にある[その他の操作]アイコン  をクリックします。
    メモ:上部バーにある[その他の操作]アイコンをクリックして、問い合わせ全体に対して課題を登録します。
  3. ドロップメニューから、[JIRAで課題を登録]をクリックします。
  4. [課題の追加]ページで、次の手順を実行します:
    • 課題を作成したい[JIRAのプロジェクト]を選択します。
    • [課題の種類][担当者][報告者]といった、課題に関する他の詳細を入力します。
    • 必要に応じて、[課題の概要][詳細]を編集します。
      初期設定では、問い合わせの件名とそのメールの内容が、それぞれ概要と詳細として設定されます。
  5. [作成]をクリックします。 
新しい課題が作成され、問い合わせに関連付けられます。問い合わせの左上にある[JIRA]アイコン(をクリックして、[課題ID][優先度][ステータス]などの詳細を確認できます。また、こちらから課題を完了するか、関連付けの解除をすることができます。

メモ:
  • 問い合わせ1件当たり、1件の JIRA課題を登録(または関連付け)できます。
  • 新しい課題を作成する前に、課題の[関連付けの解除]をする必要があります。
  • [報告者]項目を変更できない場合は、JIRA管理者(この連携を設定したユーザー)に依頼して、「報告者の変更」権限を有効にする必要があります。

既存のJIRA課題の関連付け
既存のJIRA課題に関連付けられている問い合わせを受信した場合、両方をZoho Deskで関連付けることができます。
既存のJIRA課題を関連付けするには:
  1. 問い合わせを開いて、詳細を表示します。
  2. 顧客の返信上にある[その他の操作]アイコンをクリックします。
  3. ドロップメニューから、[JIRAで課題を登録]をクリックします。
  4. [課題の追加]ページで、ページ上部の[課題の関連付け]をクリックします。
  5. この問い合わせに関連付けたい課題の[課題キー]を入力します。例:ZDK-100
  6. [関連付け]をクリックします。
問い合わせが、JIRAの既存の課題に関連付けられます。問い合わせの左上にある[JIRA]アイコンをクリックして、[課題ID][優先度][ステータス]などの詳細を確認できます。また、こちらから課題を完了するか、関連付けの解除をすることができます。

コメントを通じた共同作業
コメントは、開発チームとサポートチームのより良い共同作業のために、常に同期しています。たとえば、問い合わせに残されたコメントは、JIRAで関連付けされている課題上にも表示されます。その逆も同様です。

メモ:
  • JIRA用のZoho Desk設定で、コメントを同期するオプションを有効にしてください。これについては、添付のスクリーンショットを参照してください。
  • JIRAの課題を関連付けした後に投稿されたコメントのみが、プラットフォーム間で同期されます。




          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • 問い合わせの課題登録 - Zoho BugTracker

                            Zoho Deskの担当者が、問い合わせを新しい課題として登録できます。登録した課題は、Zoho BugTrackerの関連するプロジェクトに割り当てられます。Zoho BugTrackerのポータルでエンジニアが課題を確認して、修正対応を進めることができます。        課題を登録するには: 課題を登録する問い合わせに移動します。 データの詳細ページで、スレッド上のその他のメニューのアイコン (  )をクリックします。 メニューの[課題の登録]をクリックします。 ...
                          • JIRAとZoho Deskの連携

                            JIRA連携により、カスタマーサポートチームと製品チームが協力して生産性を高めることができます。担当者はZoho Deskの課題として問い合わせを送信できます。エンジニアはJIRAで開発情報を管理できます。たとえば、Zoho Deskの部門に送信された課題が、JIRAの関連付けされたプロジェクトに追加されます。コメントとステータスの更新は、双方向でリアルタイムで同期されます。 ...
                          • 連携やアドオンによるZoho Deskの強化

                            単にサポート問い合わせに返信するシステムとしてZoho Deskを使用するのではなく、他のアプリケーションと連携して、価値を高め、情報を集約することができます。担当者がより楽になるように設計された、さまざまな連携オプションを見てみましょう。 Zoho CRM Zoho CRM連携により、常に同期している共有顧客データベースを保持することで、営業チームとサポートチームが顧客の全体像を把握できます。担当者は、商談、メモ、活動など、顧客に関するZoho ...
                          • 問い合わせの操作履歴データを取得するAPIに関する詳細

                            はじめに このAPIでは、問い合わせ内や問い合わせの詳細画面の各サブタブにて行われたすべての操作に関する詳細データを取得することができます。 リクエスト形式 GET: api/v1/tickets/{問い合わせID}/History クエリーの各パラメーター  from - int -  インデックス番号です。この番号から詳細データを取得します。このキーの値を指定しない場合、初期値は「0」と識別されます。  limit - int - ...
                          • 問い合わせの操作履歴データを取得するAPIに対応しているイベント

                            はじめに Zoho Deskでは、問い合わせについて行われた操作はイベントと呼ばれます。問い合わせの操作履歴データを取得するAPIでは、イベントの詳細データを取得することができます。このドキュメントでは、対応しているさまざまなイベントや、イベントの種類について説明します。 問い合わせの操作履歴データのイベント ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.