Zoho CRMでのカレンダーの使用

Zoho CRMでのカレンダーの使用

カレンダーと、カレンダーのさまざまな項目を把握しておくと、予定と予約した通話をすべて、効率的に計画するのに役立ちます。Zoho CRMカレンダーの項目の一部を次に示します。これらの項目は、カレンダーをよりよく理解し、最適に使用するのに役立ちます。

[日]、[週]、[月]ビュー

自分のカレンダーや他のユーザーのカレンダーは、日、週、または月単位で表示できます。





保留中の招待

まだ返信していない予定への招待を確認できます。



招待の承諾

カレンダー予定への招待を承諾または辞退できます。





招待された予定

招待された予定は、カレンダーで個別に表示されます。





予定のインポートとエクスポート

カレンダーの予定をインポートするには、.ics形式のファイルを使用します。エクスポートされたカレンダーの予定も、.icsファイルで提供されます。




リマインダー通知

予定の開始前と通話前にリマインダー通知を受け取ることができます。





他のユーザーのカレンダー

  • 管理者権限を持つユーザーは、カレンダー内のユーザー全員の予定を表示できます。
  • 管理者権限以外のユーザーは、 [データの共有設定] 機能の「活動」タブの [表示/作成/削除] または [表示のみ] 権限を持っている場合、他のユーザーの予定を表示できます。これは、権限設定の権限と役割階層に関係なく適用されます( 関連項目: データ共有ルールの設定 )。
  • 上記の権限を持っていないユーザーは、Zoho CRMの役割階層に応じて他のユーザーの予定を表示できます。
  • [自分の予定と電話] ドロップダウンリストをクリックし、 [すべてのユーザーの予定と電話] を選択して、他のユーザーの予定を表示できます。

予定の作成

カレンダー内から予定をすばやく簡単に作成できます。 [作成] リンクをクリックするか、カレンダーの日付または時間帯をクリックして予定を作成できます。作成された予定は、[活動]タブでも使用できます。Zoho CRMでカレンダーから予定を作成する際には、初期設定で次の項目が表示されます。


  • [件名] - 予定の名前
  • [場所] - 予定の開催場所
  • [終 日] - 終日の予定かどうか
  • [開始と終了] - 予定の日時
  • [繰り返し] - 予定が定期的に予約されている場合
  • [参加者] - 予定に招待されたユーザー
  • [リマインダー] – 予定のリマインダー通知

予定を追加するために入力するフォームはカスタマイズできます。フォーム内の項目は、データにとって重要な上述の初期設定項目以外は追加または削除できます。項目を必須項目として設定することもできます( 関連項目: ページレイアウトの編集 )。

カレンダーから予定を作成するには

  1. カレンダーの [作成] リンクをクリックし、 [予定] を選択します。
    カレンダーの日付または時間帯をクリックして予定を作成することもできます。



  2. 予定の [件名] [場所] を指定します。
  3. 終日の予定として設定するには、 [終 日] チェックボックスをオンにします。
  4. [開始] [終了] の日時を選択します。
    終日の予定の場合、時刻を設定するオプションは使用できません。
  5. [主催者] ドロップダウンリストから、予定を主催するユーザーの名前を選択します。
    [主催者] ドロップダウンに表示されるユーザーは、役職の階層に基づいています。予定は、予定を主催するユーザーのカレンダーで作成されます。
  6. [見込み客] [連絡先] 、または [その他] タブを選択して、その予定が何に関連しているかを指定します。
  7. 毎日、毎週、毎月、または毎年予定を繰り返すように予約する場合は、 [変更] リンクをクリックします。
    初期設定では、 [繰り返し] オプションは [なし] です。
  8. 参加者を予定に招待する場合は、 [追加] リンクをクリックします。役割、グループ、テリトリーなどから連絡先、見込み客、ユーザーを選択できます。
    初期設定では、 [参加者] オプションは [なし] です。Zoho CRMアカウントにない連絡先のメールアドレスを指定して、予定に招待することもできます。
  9. 予定の リマインダー通知 を設定します。
    初期設定では、予定を作成すると、予定を主催しているユーザーのカレンダーの設定に基づいてリマインダー通知が設定されます。ただし、これは必要に応じて変更できます。
  10. 予定の詳細を追加するために値を入力する他の項目が必要な場合は、 [さらに項目を追加] をクリックします。
  11. [保存] をクリックします。
メモ:組織の休日とシフトの休日にはZoho Calendarを使用して予定を作成する日付には指定できませんのでご注意ください。該当の日付は設定できないことを示すエラーが表示されます。

通話の予約

カレンダー内から、通話の予定を登録できます。 [作成] リンクをクリックするか、カレンダーの将来の日付または時間帯をクリックして、通話の予定を登録できます。作成された通話は、[活動]タブでも使用できます。Zoho CRMでカレンダーから通話の予定を登録して追加する際には、初期設定で次の項目が表示されます。


  • [件名] - 通話の件名。
  • [通話の種類] - 初期設定では(予約された通話であるため)[発信]です。
  • [通話の目的] – 通話の目的(交渉、新規顧客開拓、デモなど)
  • [連絡先名] および [関連データ] - 連絡先またはその他の通話関連データ。
  • [通話の詳細] - 通話の日付と開始時刻が含まれます。
  • [担当者] - データの担当者または通話が割り当てられているユーザー。
  • [リマインダー] –通話のリマインダー通知。

カレンダーから通話の予定を登録して追加するには

  1. カレンダーの [作成] リンクをクリックし、 [作成] を選択します。
    カレンダーの日付または時間帯をクリックして、通話の予定を登録して追加することもできます。


  2. 通話の [件名] を指定します。
    初期設定では、 [通話の種類] は[発信]です。
  3. ドロップダウンリストから [通話の目的] を選択します。
  4. [見込み客] [連絡先] 、または [その他] タブを選択して、通話が何に関連するかを指定します。
  5. 通話の日付と開始時刻の詳細を入力します。
  6. ドロップダウンリストから [担当者] を選択します。
  7. 通話の [リマインダー] を設定します。
    カレンダーの個人設定でのリマインダー通知設定は予定専用であるため、ここでは考慮されません。
  8. 通話の詳細を追加するために値を入力する他の項目が必要な場合は、 [さらに項目を追加] をクリックします。
  9. [保存] をクリックします。
メモ
  • 役職の階層に応じて、組織内の他のユーザーのカレンダーにアクセスできます。他のユーザーのカレンダーに予定/通話を追加することもできます。カレンダーで予定/通話を作成し、主催者/データ担当者として別のユーザーを選択すると、その予定は主催者/データ担当者のカレンダーに追加されます。
  • カレンダーで予定をクリックすると、予定の詳細が表示されます。これらの詳細は [ページレイアウトの設定] でカスタマイズできるため、ユーザーは最も重要な詳細のみを一目で確認できます。
  • 日、週、月単位で予定と通話を表示できます。
  • 招待された参加者がいる予定を削除したい場合は、まず予定をキャンセルし、招待されたユーザーにメールで通知します。その後でのみ、予定を削除できます。











                        • Related Articles

                        • Google カレンダーへの予定のエクスポート

                          Google カレンダーへのエクスポート機能を使用すると、Zoho CRMのカレンダーの予定を簡単に共有できます。選択した予定をCRMカレンダーからGoogle カレンダーにエクスポートすることで、Google カレンダーで他のユーザーに表示し、共有できます。業務の予定を集約し、予定を見逃さないように整理するのにも役立ちます。 利用条件   必要な権限  Zoho CRMのすべてのユーザーが、Zoho CRMからGoogle カレンダーに予定をエクスポートできます。  ...
                        • Converse for Zoho CRM

                          Zoho CRMでConverse拡張機能を利用すると、Zoho CRM内から投稿を作成し、コメントや返信を通じて他のユーザーと会話することができます。この拡張機能では、見込み客と連絡先に関する情報を、関連するチームメンバーと個別に共有することが可能です。 拡張機能のインストール 拡張機能をインストールするには: [設定]→[マーケットプレイス]の[すべて]をクリックします。 [All Extensions](すべての拡張機能)で[Converse for Zoho ...
                        • Zoho Desk連携の管理

                          Zoho CRMでは、Zoho Deskとアカウントを連携できます。この連携によって、CRMの取引先に関する問い合わせを1つの場所でまとめて確認したり、問い合わせに返信したりできます。 Zoho CRMの管理者は、Zoho CRMアカウントとZoho Deskアカウント間の連携を設定できます。設定時に、Zoho CRMのユーザーをZoho Deskに招待し、取引先と連絡先のタブを同期して、関連リストで問い合わせを表示するタブを選択できます。 利用条件  必要な権限 Zoho ...
                        • Zoho SalesIQ連携の設定

                          Zoho CRMとZoho SalesIQの連携により、Webサイト訪問者の追跡とチャットのやりとりができます。また、Zoho CRMに訪問者の情報を登録できます。Webページにチャットウィジェットを埋め込み、訪問者とチャットをして、見込みの高い顧客の情報をZoho CRMに新しい見込み客または連絡先として登録することもできます。顧客情報とともにチャットの履歴も登録でき、フォローアップ活動に役立てられます。 連携を有効にすると、Zoho ...
                        • Zoho Directory連携

                          Zoho CRMをZoho Directoryと連携すると、CRMの管理者が、パスワードやIPアドレスによる制限、その他さまざまなセキュリティポリシーを設定できます。組織のCRMアカウントを詳細に管理して保護することができます。Zoho Directory連携の詳細については、以下をご参照ください。 Zoho Directory連携のメリット パスワード管理:CRMの管理者は、次のような設定を行うことで、組織におけるパスワードの使用方法を最適化することができます: ...

                        Resources

                        Videos

                        Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                        eBooks

                        Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                        Webinars

                        Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                        CRM Tips

                        Make the most of Zoho CRM with these useful tips.