予定とチェックインの関連付け

予定とチェックインの関連付け

出張や移動中であることが多い場合、チェックイン機能が役立ちます。Zoho CRMでは、営業担当マネージャーや営業担当者がZoho CRMのモバイルアプリからチェックインすることで、仕事関連の訪問を簡単に管理できます。

Zoho CRMのモバイルアプリからのチェックインは、常に予定に関連付けられています。ある場所からチェックインすると、チェックインを既存の予定に関連付けるよう求められます。該当する予定をクリックして、その予定へのチェックインを記録できます。データに予定がない場合は、新しい予定を作成するように求められます。

Zoho CRMでチェックインを利用し、確認する方法について理解するために、次の例を考えてみましょう。

  • 営業担当マネージャーは、営業担当者が行う予定(クライアント訪問)を作成します。
  • 営業担当者はクライアントのオフィスを訪問し、各拠点からチェックインします。
  • 各チェックインはZoho CRMのそれぞれの予定に関連付けられます。これにより、営業担当者がクライアントを訪問したことが営業担当マネージャーに通知されます。
  • また、チェックインはZoho CRMの見込み客/連絡先に関連付けられたメモとして記録されます。
  • その後、営業担当マネージャーは、チェックインに基づいてレポートを作成し、推測できます。たとえば、すべてのチェックインを場所または営業担当者別で表示するレポートを作成できます。

チェックインはモバイルアプリからのみ可能で、Webバージョンからはできないことにご注意ください。これは、移動中のユーザー向けの機能であるためです。チェックインされると、チェックインされた場所がCRMに記録されます。したがって、これはクライアント訪問を追跡するための信頼できる方法として利用できます。

利用条件 

必要な権限
活動の作成の権限を持つユーザーは、予定にチェックインできます。

予定とチェックインの関連付け

クライアントのオフィスに到着したら、Zoho CRMモバイルアプリを使ってその場所にチェックインできます。チェックイン時に、それを既存の予定に関連付けられます。

予定にチェックインを関連付けるには

  1. [見込み客] / [連絡先] / [取引先] タブに移動します。
  2. [チェックイン] アイコンをタップして、チェックインします。 
  3. 連絡先に関連付けられている予定がすでに存在する場合は、既存の予定が表示されます。
    予定を選択します。チェックインは、予定にメモとして関連付けられます。 
  4. 予定がない場合は、チェックインのための新しい予定を作成するようアプリから求められます。
    新しい予定を作成し、チェックインを予定に関連付けられます。  

メモ 
  • チェックインが行われると、チェックインに関する最新情報が、[フィード]に自動的に投稿されます。

チェックインの詳細の表示

予定にチェックインが関連付けられると、チェックインの詳細が関連する予定の詳細ページと、関連する見込み客/連絡先/取引先の詳細ページに表示されます。

予定の詳細ページで、チェックインの詳細を表示するには

  1. [活動] タブに移動します。
  2. 目的の予定をクリックします。
  3. 関連付けられたチェックインの詳細が表示されます。



見込み客/連絡先/取引先の詳細ページで、チェックインの詳細を表示するには

  1. [見込み客] / [連絡先] / [取引先] タブに移動します。
    チェックインは、予定を関連付けることができるその他のタブに関連付けることもできます。
  2. 目的のデータをクリックします。
  3. データに関連付けられたチェックインの詳細が、データのメモとして表示されます。


チェックインのレポートの作成

営業担当マネージャーは、チェックインのレポートを作成して、営業担当者に割り当てた現場訪問に関して確認ができます。Zoho CRMでは、チェックイン用の標準のレポート一式が用意されています。

チェックインのレポートにアクセスするには

  1. [レポート] タブに移動します。
  2. [予定のレポート]をクリックします。
    標準のレポートが一覧表示されます。また、チェックインに基づく新しいレポートを作成することもできます。



    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • タスクと予定の標準項目

                            [タスク]タブで使用できるZoho定義の標準項目は、次の一覧のとおりです: 項目名 詳細 タスクの担当者 タスクを割り当てるユーザーの名前を選択します。 件名* タスクの名前を指定します。これは必須項目です。 期限 タスクの期限を指定します。 連絡先/見込み客 関連する連絡先または見込み客を選択します。 取引先 タスクに関連するその他のデータを選択します。 ステータス タスクのステータスを指定します。 優先度 タスクの優先度を選択します。 通知メールの送信 ...
                          • 通話の記録の標準項目

                            [通話の記録] ページで、通話に関連する情報を入力する必要があります。通話の記録の標準項目は、次の一覧のとおりです: 項目名 説明 データ型 件名 通話の件名を入力します。 一行(テキスト) 通話の種類 組織内の着信通話に対しては [着信] を選択します。 組織内の発信通話に対しては [発信] を選択します。 ルックアップ 関連データ 通話が関連するデータタイプを選択してから、データを選択します。 一覧 対象者 通話の発信者または発信元を指定します。 ルックアップ 通話の目的 ...
                          • タスクと予定の管理

                            [予定](Events)は、[予定](Meetings)として、英語名が変更されました。 活動は、日常業務において重要な役割を果たします。営業活動は、広いレベルで時間的成約のある活動と、状況に応じた活動の2つの種類に分類されます。 会議、セミナー、予定などの時間的制約のあるカレンダーの予定 マネージャーへのレポートの送信、お客さまへのメール送信などの状況に応じて対応するタスクがあります。 Zoho ...
                          • 通話の記録

                            営業担当者の重要な日常業務には、通話の発着信があります。顧客に発信した通話を記録し、顧客の都合に合わせて通話の予定を立て、データベースに通話の内容を記録し、不在着信を記録してフォローアップできるようにしておく必要があります。どんなに多忙であっても、通話に関するこれらの情報をすべて整理して記録しておくことが重要です。 [活動]タブの通話のレイアウトを使用すると、 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.