取引先の作成

取引先の作成

Zoho CRMでは、次の方法で取引先を作成できます:

  • 取引先詳細フォームへのデータ入力 :さまざまな外部経路から収集した取引先詳細を手動で入力できます。
  • 外部経路からの見込み客のインポート :さまざまな経路からデータを収集し、CSV、XLSファイルをZoho CRMにインポートできます。
  • 取引先への見込み客の変換 :見込み客の変換時に、連絡先、取引先、商談を作成できます。
  • Microsoft Outlookの連絡先の同期 :Microsoft Outlookの連絡先をZoho CRMと同期できます。特殊な問い合わせ:取引先はZoho CRMで作成され、[会社名]項目はMicrosoft Outlookで指定されます。 
メモ 
  • 組織のビジネスプロセスによっては、一部の標準項目を表示または編集できない場合があります。 
  • 項目を追加または変更する場合、または項目の使用方法の詳細を確認する場合は、システム管理者にお問い合わせください。

[取引先]でのZoho定義の標準項目については、 こちら をご参照ください。

取引先の個別作成

取引先は次の方法で個別に作成できます: 

  • 取引先作成フォームに詳細を入力する。
  • 既存の取引先の詳細をいくつか変更して、取引先を複製する。

利用条件 

必要な権限 
作成権限が有効になっている[取引先]タブへのアクセス権限 


取引先を個別に作成するには

  1. [取引先] タブで、( [追加] ボタンを)クリックして新しい取引先を追加します。
  2. [取引先の作成] ページで、取引先の詳細を入力します(関連項目: 標準項目 )。
  3. [保存] をクリックします。

取引先を複製するには

  1. [取引先] タブで、複製する特定の取引先をクリックします。
  2. 取引先の詳細 ページで、 その他の操作  ボタン)をクリックし、リストから [複製] を選択します。
  3. [取引先の複製] ページで、必要な詳細を変更します(関連項目: 標準項目 )。 
  4. [保存] をクリックします。

取引先の詳細ページの操作

取引先を作成したら、データの詳細ページで取引先の詳細を表示できます。取引先の詳細ページには、取引先に関連する情報が表示されます。たとえば、その取引先や活動、メモ、予定、メールなどに関連する商談や連絡先が1か所に表示されます。

取引先の詳細ページを表示するには

  1. [取引先] タブをクリックします。
  2. 取引先一覧表示から目的の取引先をクリックします。
  3. 取引先の詳細ページが表示されます。

取引先の詳細ページを簡単に説明します:


  1. [情報] ビューと [履歴] ビューを切り替えます。
    • [情報] - 取引先に関連付けられている関連リストとリンクを表示します。
    • [履歴] - 取引先の詳細ページで(過去6か月間に)実行された処理の履歴を表示します。 
  2. 概要表示 :取引先に関連する上位5つの項目が表示されます。取引先の 概要ビュー はカスタマイズできます。
  3. [編集] - データを編集できます。
  4. [その他の操作]アイコン - 取引先に対して実行できるその他のオプションが表示されます。



  5. 取引先に関連付けられた商談や連絡先など、関連する詳細が表示されます。
  6. [関連リスト]セクション - このセクションから目的の関連リストに移動します。新しい関連リストを追加したり、このセクションの既存の関連リストに新しいエントリーを追加したりできます。





  7. カスタムリンク - 取引先に関連付けられたカスタムリンクが表示されます。
  8. [メモ] - 取引先に関連付けられたメモが表示されます。これには、モバイルアプリで作成された チェックイン と、プロジェクトのタスクで行われたコメントが含まれます。
  9. 関連リスト - 取引先に関連付けられている関連リストをすべて表示するには、下にスクロールします。

他のデータとの取引先の関連付け

取引先について、連絡先、商談、トラブル問い合わせ、活動、添付ファイル、メモなど、関連する詳細のすべてを1つのビューで表示できます。

取引先の詳細 ページでは、次の項目を更新できます:

  • [商談] :商談を追加できます。
  • [連絡先] :連絡先を追加できます。
  • [未完了の活動] :タスクと予定(会議と通話)を追加できます。
  • [完了できます。した活動] :完了した活動を表示
  • [商品] :商品を追加できます。
  • [見積書] :見積書を追加できます。
  • [受注書] :受注書を追加できます。
  • [請求書] :請求書を追加できます。
  • [添付とメモ] :文書とメモを添付できます。
  • [関連する取引先] :親取引先に他の部門や子会社を追加できます。
  • [問い合わせ] :問い合わせを作成できます。

関連する取引先の追加

関連する取引先は、既存の親取引先に追加される二次取引先です。これにより、親組織内に異なる部門を持つ個別の取引先を作成し、個々の取引先と親取引先に関連する取引先をまとめて表示することができます。

関連する取引先を追加するには

  1. 取引先の詳細 ページには、既存の関連する取引先の詳細(存在する場合)が表示されます。
    1. [取引先名] [電話番号] [Weサイト] [取引先の種類] [業界] 、または [年間売上] のリンクをクリックして、データの表示順序を並べ替えられます。
    2. 関連する取引先をそれぞれ変更または削除するには、該当する [編集] または [削除] リンクをクリックします。 
  2. [新規] をクリックします。
  3. 関連する取引先の詳細を入力します。
  4. [保存] をクリックします。


    Zoho CRM 管理者向けトレーニング

    「導入したばかりで基本操作や設定に不安がある」、「短期間で集中的に運用開始できる状態にしたい」、「運用を開始しているが再度学び直したい」 といった課題を抱えられているユーザーさまに向けた少人数制のオンライントレーニングです。

    日々の営業活動を効率的に管理し、導入効果を高めるための方法を学びましょう。

    Zoho CRM Training










                          • Related Articles

                          • ひとつのインポートファイルで連絡先と取引先をインポートする際に、どうやって連絡先を各取引先に関連付けできますか?

                            ひとつのインポートファイルを使用して取引先と連絡先をインポートする際、連絡先を各取引先に関連付けすることができます。 その際、インポートファイル内には、連絡先と取引先の詳細どちらも含まれている場合がございます。 以下の手順にて、連絡先を各取引先に関連付けできます。 取引先情報を別の新しいファイルにコピーする - インポートファイルには、複数の連絡先が関連付けられている取引先がある場合があります。重複した取引先の作成を避けるために、取引先情報を別のファイルに分けておく必要がございます。 ...
                          • 取引先の管理

                            一般的なB2B(企業間)の例では、取引先はある組織またはその組織内の部門を表し、自社組織ではこの取引先と現在商談を行っているか、将来商談につながるように検討し、情報を管理します。取引先には、組織の所在地、従業員数、年間売上、その他の詳細が保存されます。 取引先は、組織内の連絡先(個人)、およびセールス時の商談(ビジネス機会)と関連付けることができます。販売が完了したら、Zoho CRM – 問い合わせ管理を通じてカスタマーサポートとサービスを提供することもできます。 利用条件 必要な権限 ...
                          • Zoho CRMの請求管理ロボ拡張機能

                            Zoho CRMでは、個別の取引先に対して複数の請求書を作成したり、複数の取引先を管理したりすることができます。Zoho CRMの請求管理ロボ拡張機能を利用すると、Zoho CRMに保存されているすべての請求書のデータを請求管理ロボにエクスポートすることが可能です。また、取引先の住所情報を請求管理ロボにエクスポートして保存することもできます。 拡張機能のインストール 請求管理ロボ拡張機能は、Zoho Marketplaceでインストールできます。また、Zoho ...
                          • 取引先の標準項目

                            [取引先]タブで使用できるZoho定義の標準項目の一覧は、以下のとおりです: 項目名 詳細 データの種類 上限 取引先名 組織名を指定します。この項目は必須です。 一行(テキスト) 英数字(100) 取引先の担当者 取引先が割り当てられているユーザーの名前を選択します。 検索 - Webサイト 組織のWebサイトのURLを指定します。 URL 英数字(30) 証券コード 会社の証券コードを指定します。 一行(テキスト) 英数字(30) 親取引先 ...
                          • 見込み客の変換

                            見込み客とのさらなる交渉の機会がある場合、その見込み客が取引先、連絡先、商談になる可能性があります。つまり、見込み客のステータスが特定の段階に達すると、商談として認定されます。変換時に、見込み客は取引先と連絡先に変換され、必要に応じて変換時に商談を作成できます。見込み客項目を取引先や連絡先、商談の項目に関連付けすることで、詳細を適切な項目に転送できます。 関連項目: 項目の関連付け メモ 見込み客は一度変換すると、元に戻せません。 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.