Zoho Projectsでのデータの暗号化

Zoho Projectsでのデータの暗号化

暗号化は主に、メッセージの内容を保護して、対象の受信者のみが表示できるようにするために実行されます。暗号化すると、そのままでは内容を認識できない形式のデータに置き換えられます。対象となる受信者のみが適切に復号することによって内容を表示できます。暗号化は、データを盗もうとする可能性のある人からデータを保護するための重要な方法になっています。

暗号化は、2つの状況で使用されます:
  1. 通信時の暗号化
  2. 保存時の暗号化(EAR:Encryption At Rest)

通信時の暗号化

これは、通信中に暗号化されるデータのことです。たとえば、データがブラウザーからWebサーバーに送信されるとき、または連携によってデータが外部サービスに送信されるときに、データを暗号化します。通信時のデータを暗号化することで、中間者攻撃(通信者間の通信途中に第三者が割り込んでデータを盗み見てから正しい通信相手に転送すること)からデータを保護できます。

保存時の暗号化(EAR:Encryption At Rest)

これは、ディスク、データベース、その他の方法で保存時にデータを暗号化することです。転送時の暗号化と、サーバー保存時の暗号化組み合わせることで、セキュリティをさらに強化できます。保存時の暗号化(EAR:Encryption At Rest)によって、サーバー侵害またはデータ侵害によるデータ漏洩を回避できます。

転送時の暗号化はトランスポート層で実行されます。一方で、保存時の暗号化(EAR)はAES-256アルゴリズムを使用してアプリケーション層で実行されます。AES-256アルゴリズムは、128ビットブロックと256ビットキーを使用する、対称暗号化アルゴリズムです。データをプレーンテキストから暗号化テキストに変換するために使用されるキーは、データ暗号化鍵(DEK)と呼ばれます。DEKは、キー暗号化キー(KEK)を使用してさらに暗号化されるため、セキュリティをさらに強化できます。キーは組織内のキー管理サービス(KMS)で生成され、管理されます。

Zoho Projectsで暗号化されるデータ

保存時に暗号化されるデータは、次のとおりです:
  1. すべての添付ファイルとドキュメント
  2. Zoho Projectsを通じて収集された個人情報
  3. 連携トークンなどの機密データ
  4. [タスク]、[課題]、[工数表]、[プロジェクト]の各タブ内のカスタム項目(最大10件)
詳細は、選択したカスタム項目を暗号化する方法をご参照ください。

フルディスク暗号化

インド(IN)とオーストラリア(AU)のデータセンターでは、アプリケーション層の暗号化とは別に、フルディスク暗号化を利用できます。また、フルディスク暗号化は、Zoho ProjectsのEU地域でも有効になっています。



          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • Zoho Desk連携

                            Zoho Projectsの課題管理機能(Zoho BugTracker)にZoho Deskを連携すると、 Zoho Desk の問い合わせを「課題」として登録できます。 はじめる前に : Zoho Projects と Zoho Desk の エンタープライズ プランを購入します。 Zoho Desk の [設定] > [マーケットプレイス] > [Zoho] で、Zoho Projects連携を有効にします。 Zoho Projectsのポータル所有者であり、Zoho ...
                          • Zoho Meeting連携

                            オンラインミーティングは、数回クリックするだけで実施できます。Zoho Meeting連携で、オンラインミーティングを開始できます。Zoho Projectsの設定の [連携] 下の [Zohoサービス] に移動して、 [Zoho Meeting] を有効にします。カレンダーとタスクの詳細ページからミーティングを予約するには、Zoho Meetingのライセンスをアップグレードし、Zoho Projectsで連携を有効にする必要があります。 ユーザー数に基づくプランで利用できます。Zoho ...
                          • Zoho Invoice連携

                            Zoho ProjectsをZoho InvoiceまたはZoho Booksに連携することで、 プロジェクト予算 の作成 ...
                          • Zoho Analytics連携

                            オンラインレポート&BIサービスである Zoho Analytics により、 Zoho Projects データの高度な分析が可能です。 便利なレポートやダッシュボードが50件以上 用意されており、プロジェクトの進捗管理や推進に役立ちます。また、自分の新しいレポートを作成して、プロジェクトのデータを分析することができます。チームメンバーでレポートを表示、共有して、プロジェクトの情報を共同で解析できます。 Zohoサービス連携に対するアクセス権についての詳細はこちらをご参照ください。 利点 ...
                          • Zoho Expense連携

                            Zoho Expense連携の機能を活用すると、プロジェクトに関する経費を管理できます。 Zoho Projectsと他のZohoサービスの連携に対するアクセス権についての詳細は、こちらクリックしてください。 メリット: 経費の申請や承認が可能です。 経費と実績コストを表示してプロジェクトの予算と比較することができます。 経費に関する請求処理を行う前に承認を行うことにより、コストを適切に管理できます。 経費に関する領収書をアップロードできます。 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.