Zoho ProjectsのHIPAA準拠機能

Zoho ProjectsのHIPAA準拠機能

Zoho Projectsでの医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)への準拠機能について

米国の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA:Health Insurance Portability and Accountability Act)では、医療情報に関するプライバシー保護やセキュリティ確保のためのさまざまな規定が設けられています。この法律の適用対象となる医療サービスを提供する組織や、これらの組織と提携して医療情報を取り扱う組織は、個人を特定可能な医療情報(PHI:Protected Health Information、保護対象医療情報)を適切に管理、保護する必要があります。また、HIPAAでは、個人(顧客)が自身の診療情報や保険利用に関するデータを参照できる権利についても定められています。Zohoサービスは、HIPAAによって保護されている医療情報を直接的に収集、使用、保存、保持することはありません。ただし、Zoho Projectsには、HIPAAの適用対象となる医療サービスを提供する組織向けに医療情報を管理するための機能が用意されています。

HIPAAでは、この法律の適用対象となる医療サービスに対して、提携して医療情報を取り扱う組織と業務提携契約(BAA)を締結するように定められています。業務提携契約書のテンプレートを希望する場合は、legal@zohocorp.comにお問い合わせください。

Zoho ProjectsのHIPAA準拠機能

顧客情報を適切に管理、保護するために、Zoho Projectsでは次の操作を行うことができます:
  1. 特定の項目を電子的保護対象医療情報(ePHI)に設定し、他のデータと区別することができます
  2. を電子的保護対象医療情報(ePHI)指定項目に入力されたデータを暗号化することができます
  3. 役割と権限を設定して、データにアクセスできるユーザーを制限できます
  4. 操作履歴をエクスポートして、行われた操作内容を確認することができます

電子的保護対象医療情報(ePHI)への設定方法

項目に顧客の医療情報が含まれている場合、対象の項目を電子的保護対象医療情報(ePHI)として設定することができます。
項目を電子的保護対象医療情報(ePHI)に設定するには:
  1. [カスタマイズ][レイアウトと項目]の[プロジェクト]をクリックします。
  2. レイアウトを表示するタブを選択します。
  3. 編集するレイアウトを選択します。
  4. 目的の項目を選択して、編集アイコンをクリックします。
  5. [詳細を編集する]をクリックします。[個人情報/医療情報]チェックボックスにチェックを入れると、[暗号化項目]のチェックも自動でオンになります。手動でオフにすることもできますが、推奨していません。
  6. レイアウトを保存します。

電子的保護対象医療情報(ePHI)の項目のデータの暗号化

個人の健康や医療に関する情報を含む項目は、さらにセキュリティの強度を高くして管理するため、暗号化することができます。Zoho Projectsにおいて、項目の暗号化は必須ではありませんが、機密データへの不正アクセスを防ぐのに有益であるため、暗号化を有効にすることを強くお勧めします。Zoho Projectsにおける項目の暗号化については、こちらをご参照ください。

役割と権限の管理

Zoho Projectsの役割権限で、組織内の誰がどの情報にアクセスできるかを設定できます。項目単位の権限では、さらに細かく管理できます。

操作履歴のエクスポート

Zoho Projectsでは、追加、更新、削除などに関するすべての操作履歴が保存されます。このデータはエクスポートできます。[設定]→[データ管理]→[操作履歴]でCSV形式でエクスポートアイコンをクリックします。
  1. Zoho Projectsの暗号化の詳細
  2. ISO認証とSOC認証





          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • Zoho Desk連携

                            Zoho Projectsの課題管理機能(Zoho BugTracker)にZoho Deskを連携すると、 Zoho Desk の問い合わせを「課題」として登録できます。 はじめる前に : Zoho Projects と Zoho Desk の エンタープライズ プランを購入します。 Zoho Desk の [設定] > [マーケットプレイス] > [Zoho] で、Zoho Projects連携を有効にします。 Zoho Projectsのポータル所有者であり、Zoho ...
                          • Zoho Meeting連携

                            オンラインミーティングは、数回クリックするだけで実施できます。Zoho Meeting連携で、オンラインミーティングを開始できます。Zoho Projectsの設定の [連携] 下の [Zohoサービス] に移動して、 [Zoho Meeting] を有効にします。カレンダーとタスクの詳細ページからミーティングを予約するには、Zoho Meetingのライセンスをアップグレードし、Zoho Projectsで連携を有効にする必要があります。 ユーザー数に基づくプランで利用できます。Zoho ...
                          • Zoho Invoice連携

                            Zoho ProjectsをZoho InvoiceまたはZoho Booksに連携することで、 プロジェクト予算 の作成 ...
                          • Zoho Analytics連携

                            オンラインレポート&BIサービスである Zoho Analytics により、 Zoho Projects データの高度な分析が可能です。 便利なレポートやダッシュボードが50件以上 用意されており、プロジェクトの進捗管理や推進に役立ちます。また、自分の新しいレポートを作成して、プロジェクトのデータを分析することができます。チームメンバーでレポートを表示、共有して、プロジェクトの情報を共同で解析できます。 Zohoサービス連携に対するアクセス権についての詳細はこちらをご参照ください。 利点 ...
                          • Zoho Expense連携

                            Zoho Expense連携の機能を活用すると、プロジェクトに関する経費を管理できます。 Zoho Projectsと他のZohoサービスの連携に対するアクセス権についての詳細は、こちらクリックしてください。 メリット: 経費の申請や承認が可能です。 経費と実績コストを表示してプロジェクトの予算と比較することができます。 経費に関する請求処理を行う前に承認を行うことにより、コストを適切に管理できます。 経費に関する領収書をアップロードできます。 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.