インポート履歴の表示

インポート履歴の表示

Zoho CRMアカウントで実行した操作の履歴は、非常に便利です。データが編集された日時や、データを追加したユーザーがわかります。同様に、インポート操作の履歴は、データをインポートしたユーザーやインポートした日時、データが適切にインポートされたかどうかを知りたいときにも役立ちます。Zoho CRMの[インポート履歴]ページでは、最近インポートしたファイルを個々のタブについて詳細に確認できます。また、 インポート 機能や 移行 機能などの一括データ移行機能も表示されます。

管理者は、他のユーザーによる移行やデータインポート処理もすべて表示できます。その他の権限のユーザーは、自分が実行した移行とデータインポートの履歴のみを表示できます。インポート履歴には、次の詳細情報が表示されます:

  • インポートされたファイル名
  • データがインポートされるタブの名前
  • データをインポートしたユーザーの名前
  • インポート実行日時
  • 追加、更新、スキップされたデータ数の詳細

[インポート履歴]ページでは、次の操作を実行できます:

  • インポートの詳細の確認
  • インポートされたデータの確認
  • データのインポートの取り消し

60日以内にインポートされたファイルは、[インポート履歴]に表示されます。インポート履歴の各項目には、追加、更新、スキップされたデータを表示するオプションがあります。これらの詳細は、データがインポートされてから7日間のみ使用できます。その後は、追加、更新、スキップされたデータの数のみを表示できます。データが正しくインポートされず、インポートを取り消したい場合は、30日以内であれば実行できます。この日数が経過した後はインポート操作がロックされ、自動的に確定されます。

インポートの詳細の確認

ファイルをインポートすると、インポートの詳細が[インポート履歴]の下に表示されます。これには、データがインポートされた日時、ファイルをインポートしたユーザーの名前、追加、更新、スキップされたデータ数の詳細、データがスキップされた理由などが含まれます。

インポートの詳細を確認するには

  1. [設定] > [データの管理] > [インポート] > [インポート履歴] に移動します。
    [インポート履歴] ページには、すべてのインポート操作が、データがインポートされた日時の詳細とともに記録されます。
  2. データの [追加済み] [更新済み] 、または [スキップ] の数をクリックすると、詳細が表示されます。
  3. 更新された データのリンクをクリックして、インポート時に更新されたデータを確認します。
    インポートファイルの項目が、各データの値とともに一覧表示されます。行番号を使用すると、インポートファイル内でデータを簡単に見つけることができます。
  4. スキップされた データのリンクをクリックして、Zoho CRMに追加されなかったデータを確認します。
    インポートファイルの項目が、データがインポートされなかった理由とともに一覧表示されます。行番号を使用すると、インポートファイル内でデータを簡単に見つけることができます。
  5. [エラーのあるデータの一覧をダウンロードする] をクリックすると、スキップされたデータのコピーと、データがインポートされなかった理由を取得できます。

メモ            
  • インポートのサマリーは、過去7日間に行われた移行またはデータインポートで使用できます。
  • スキップされたデータのリストには、Zoho CRM項目に関連付けされた(インポートファイルの)最初の5つの項目の詳細が表示されます。残りの項目の詳細は、リストをエクスポートすると使用できます。このエクスポートオプションは、スキップされたデータが3,000件未満の場合にのみ使用できます。
  • スキップされたデータをエクスポートすると、インポートプロセス中にZoho CRM項目に関連付けされた項目のすべてを含む.csvファイルが取得されます。また、データがスキップされた理由も表示されます。ファイルに必要な変更を加えて、再度インポートできます。
  • 追加 および 更新 されたビューには、各タブの [すべての[データ]] 一覧表示で使用できる項目のみが表示されます。
  • 追加/更新されたデータ数と詳細リストに表示されるデータ数が一致しない可能性があります。この不一致が発生する理由は2つあります。 
    • ユーザーが手動でデータを削除している。
    • ユーザーにデータを表示する権限がない(組織のデータがインポートされた場合)。 

データのインポートの取り消し

インポート後30日以内は、インポートプロセスを取り消し、Zoho CRMからインポートしたデータを削除できます。

インポート操作を取り消すには

  1. [設定] > [データの管理] > [インポート] > [インポート履歴] に移動します。
    [インポート履歴] ページには、インポート情報が一覧表示されます。
  2. マウスポインターを対象に移動し、 [インポートの取り消し] リンクをクリックして操作を取り消して、インポートしたデータを削除します。
     
メモ  
  • インポートから30日が経過すると、インポート操作を取り消すことができなくなります。
  • インポート済み連絡先を取り消すと、その連絡先に関連付けられているインポート済みアカウントも削除されます。
  • インポート済みアカウントを削除すると、そのアカウントに関連付けられているインポート済み連絡先も削除されます。
  • データのインポートが失敗した場合は、データ履歴でそのデータが明確に表示されます。  

関連情報



          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • HubSpotからZoho CRMへのデータ移行

                            HubSpotからZoho CRMへのデータ移行は、必ずAPIとインスタンスのURLを使用して実行されます。APIキーを入力することで、移行を開始できます。移行処理はバックエンドで実行され、完了時に通知メールが届きます。最大3回までデータ移行の取り消しや再実行ができます。   APIトークンを生成するには HubSpotアカウントにログインします。 右上にある アカウント名 をクリックし、 [Integrations] を選択します。 [API Key] をクリックします。 ...
                          • HighriseからZoho CRMへのデータ移行

                            HighriseからZoho CRMへのデータ移行は、必ずAPIとインスタンスのURLを使用して実行されます。APIキーを入力することで、移行を開始できます。移行処理はバックエンドで実行され、完了時に通知メールが届きます。最大3回までデータ移行の取り消しや再実行ができます。   HighriseからのAPIトークンの取得 APIトークンとインスタンスのURLを生成するには Highriseアカウントにログインします。 ブラウザーからインスタンスのURLをコピーします。 ...
                          • InsightlyからZoho CRMへのデータ移行

                            InsightlyからZoho CRMへのデータ移行は、必ずAPIとインスタンスのURLを使用して実行されます。APIキーを入力することで、移行を開始できます。移行処理はバックエンドで実行され、完了時に通知メールが届きます。最大3回までデータ移行の取り消しや再実行ができます。   InsightlyからのAPIトークンの取得 APIトークンを生成するには Insightlyアカウントにログインします。 アカウントのプロフィールアイコンをクリックして、[User Settings]に移動します。 ...
                          • PipedriveからZoho CRMへのデータ移行

                            PipedriveからZoho CRMへのデータ移行は、必ずAPIとインスタンスのURLを使用して実行されます。APIキーを入力することで、移行を開始できます。移行処理はバックエンドで実行され、完了時に通知メールが届きます。最大3回までデータ移行の取り消しや再実行ができます。   PipedriveからAPIトークンを生成するには Pipedriveアカウントにログインします。 アカウントのプロフィールアイコンを クリックし、 [Settings] を選択します。 ユーザー設定ページで、 ...
                          • Salesforceからのデータの移行

                            Salesforceからのデータファイル アップロードするzipファイルには、CSV形式のすべてのファイルと「 Attachments 」という名前のフォルダーが含まれている必要があります。このフォルダーには、Salesforceのデータで添付ファイルとして使用されるソースファイルが含まれています。CSVファイルの1つに、添付ファイルの関連付けのデータ一覧があります。これは、データと添付ファイルとの関連付けを保持するために使用されます。 ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.