データのバックアップの申し込み

データのバックアップの申し込み

管理者権限を持つユーザーは、データのバックアップ機能を使用してCRMデータの完全なバックアップを取得できます。

利用条件 

必要な権限
この機能にアクセスできるのは、管理者権限を持つユーザーです。
アルティメットプランでは、無料バックアップを4回利用できます。

メモ 
  • IMAP設定メールに関するデータのバックアップは、現在利用できません。
  • 通常、データのバックアップには、アーカイブするデータのサイズに応じて数分から数時間かかります。データが小さいほど、バックアップの完了までにかかる時間は短くなります。
  • バックアップは、 [設定] > [データの管理] > [データのバックアップ] からダウンロードできます。
  • バックアップのダウンロードリンクは、バックアップ作成日から最大7日間有効です。 

バックアップのタイミングの選択

バックアップは、即座にダウンロードすることも、選択した特定の時間に実行するようにスケジュールすることもできます。CRMデータをバックアップするタイミングを設定するための選択オプションは、次のとおりです:

  • 月に2回
  • 月に1回 
  • 毎週
  • すぐにダウンロード

月に2回

バックアップは、選択した曜日に隔週で1か月に2回ダウンロード可能になります。  たとえば、月曜日を選択すると、隔週の月曜日にバックアップをダウンロードできます。


        
ヒント
  • 無料バックアップを2回利用できる、有料プラン(アルティメット以外)を利用している場合、[月に2回]のデータのバックアップをおすすめします。無料分を効率的に使用でき、追加のバックアップを購入する必要がないためです。
  • 無料バックアップを4回利用できる、アルティメットプランを利用している場合、[月に2回]のデータのバックアップを選択すると、無料分のうち2回しか利用されません。残りの2回を利用して、必要なときにバックアップのアーカイブを取得できます。 

月に1回

バックアップは、1か月に1回だけダウンロード可能になります。バックアップをダウンロードできるようにする日付または曜日を選択できます。

たとえば、日付でデータのバックアップがスケジュールされており、選択した日付が15日の場合、バックアップは毎月15日にダウンロード可能になります。



データのバックアップが曜日で実行されるようにスケジュールされていて、第一月曜日が選択されている場合、バックアップは毎月第一月曜日にダウンロード可能になります。


 
ヒント 
  • 無料バックアップを2回利用できる、有料プラン(アルティメット以外)を利用している場合、[月に1回]のデータのバックアップを選択すると、無料分のうち1回しか利用されません。残りの1回を利用して、必要なときにバックアップのアーカイブを取得できます。
  • 無料バックアップを4回利用できる、アルティメットプランを利用している場合、[月に1回]のデータのバックアップを選択すると、無料分のうち1回しか利用されません。残りの3回を利用して、必要なときにバックアップのアーカイブを取得できます。

毎週 

バックアップは毎週ダウンロードされます。バックアップをダウンロードする曜日を選択できます。  たとえば、月曜日を選択した場合、データのバックアップは毎週月曜日に実行されます。


メモ
  • 有料プランを利用している場合、[毎週]のデータのバックアップを選択すると、バックアップ機能の画面から直接、毎週定期的に実行されるデータのバックアップを購入できるようになります。表示されたメッセージ内の [決済する] オプションをクリックすると、バックアップを購入できます。




すぐにダウンロード

必要に応じてデータのバックアップを実行する場合は、すぐに実行するダウンロードのオプションを選択できます。





データのバックアップのスケジュール

データのバックアップをスケジュールするには

  1. 管理者権限でZoho CRMにログインします。
  2. [設定] > [データの管理] > [データのバックアップ] に移動します。
  3. ラジオボタンをクリックして、バックアップを実行するタイミングを選択し、 [完了] をクリックします。
    バックアップの概要が表示されます。
    選択したバックアップのタイプ、バックアップのステータス、次のバックアップがいつ実行されるかが表示されます。



データのバックアップのダウンロード

データのバックアップの準備が整ったら、管理者権限を持つユーザーはデータのバックアップをダウンロードできます。データと添付ファイルは、個別の.zipフォルダーに分類されます。

CRMデータ: 各タブのデータが利用可能になります。
CRM添付ファイル: Zoho CRMアカウントのすべての添付ファイル、つまりタブ内のデータの添付ファイルが使用可能になります。

データのバックアップをダウンロードするには

  1. 管理者権限でZoho CRMにログインします。
  2. [設定] > [データの管理] > [データのバックアップ] に移動します。
  3. ダウンロードセクションの下にあるファイルをクリックしてダウンロードします。



履歴

データのバックアップに関連して実行された操作が時系列順でここに表示されます。次のような操作が含まれます: 
  • 設定: バックアップをスケジュールすると、ユーザーが選択した設定でログが更新されます。たとえば、隔週のバックアップをスケジュールしたとします。
  • バックアップのダウンロード準備完了: バックアップをダウンロードする準備ができています。
  • ダウンロード開始: ユーザーによってバックアップがダウンロードされています。
  • バックアップのスケジュールの停止
  • バックアップ購入の詳細: 購入したバックアップのアドオンの詳細が履歴で更新されます。



データのバックアップの通知

バックアップを設定した管理者は、次の場合にポップアップ通知を受け取ります: 

  • バックアップがスケジュールされたとき


  • バックアップがアーカイブ中のとき



  • バックアップのダウンロード準備が完了したとき



  • 管理者がバックアップを停止したとき



定期バックアップの停止

データのバックアップをスケジュールした場合は、必要に応じてキャンセルできます。 

メモ 
  • この操作を実行しても、毎週のバックアップの定期購入の決済は停止されません。購入の決済をキャンセルするには、購入ページにアクセスしてください。
  • バックアップが実行中の場合、またはバックアップのダウンロード準備が完了した後は、バックアップを停止できません。

バックアップを停止するには

  1. 管理者権限でZoho CRMアカウントにログインします。
  2. [設定] > [データの管理] > [データのバックアップ] に移動します。
  3. [データのバックアップ]ページで、 [バックアップの概要] 画面 から [バックアップの中止] をクリックします。


    ポップアップで [了解しました] をクリックして、バックアップを停止します。
    操作を停止するには、 [キャンセル] をクリックします。



バックアップの購入

Zoho CRMの無料プランを利用している場合、一度のみのデータのバックアップのアドオンを購入するか、Zoho CRMの有料プランにアップグレードして、無料のデータバックアップを利用する必要があります。無料バックアップを使い切った後にCRMデータのバックアップが必要になった場合は、一度のみのデータのバックアップのアドオンを購入できます。

ログインしている場所に応じた料金プランが表示されますのでご注意ください。

購入ページからバックアップを購入するには(無料プランの場合)

  1. 管理者権限でZoho CRMアカウントにログインします。
  2. [権限] > [購入] > [サブスクリプション管理] をクリックします。



  3. 一度のみのバックアップのアドオンの  [今すぐ購入] をクリックします。
    ログインしている場所に基づいた通貨が自動的に表示されます。
    関連情報:プラン別機能一覧



  4. 購入する バックアップ数 を選択し、 [続ける] をクリックします。



    注文の概要が表示されます。 [確定] をクリックします。



  5. 請求の詳細 を入力し、 [決済する] をクリックします。



データのバックアップ画面から購入するには(無料プランの場合)

  1. 管理者権限でZoho CRMアカウントにログインします。
  2. [設定] > [データの管理] > [データのバックアップ] に移動します。
  3. [データのバックアップ]ページで [今すぐダウンロード] をクリックします。
    [バックアップの購入]ポップアップが表示されます。ここで一度のみのデータのバックアップの数を選択して、 [続ける] をクリックします。



  4. 決済情報 を入力し、 [決済する] をクリックします。



    購入の概要が表示されます。



Zoho CRMのアップグレード時のバックアップの購入

無料プランからZoho CRMの有料プラン(スタンダード、プロフェッショナル、エンタープライズ、アルティメット)にアップグレードする際に、週次のデータのバックアップと一度のみのデータバックアップのアドオンを購入できます。

アップグレード時にバックアップを購入するには

  1. 管理者権限でZoho CRMアカウントにログインします。
  2. [権限] > [購入] > [サブスクリプション管理] をクリックします。
  3. 必要なZoho CRMのプランを選択し、 [アップグレード] をクリックします。
  4. [毎週のデータのバックアップ] チェックボックスをオンにして、購入に追加します。
    また、ドロップダウンリストから購入数を選択して、 一度のみのデータのバックアップ を購入することもできます。



一度のみのデータのバックアップのアドオンの購入(Zoho CRMの有料プランの場合)

無料のデータのバックアップを使い切った後にバックアップをスケジュールする場合は、バックアップのアドオンを購入できます。 

購入ページからデータのバックアップを購入するには

  1. 管理者権限でZoho CRMアカウントにログインします。
  2. [権限] > [購入] > [サブスクリプション管理] をクリックします。
  3. [繰り返しなしのアドオン] セクションで [今すぐ購入] をクリックします。



  4. ドロップダウンから一度のみのバックアップのアドオン数を選択し、 [続ける] をクリックします。

    403

  5. [決済する] をクリックして、注文を確認します。



    購入の概要が表示されます。



データのバックアップページから購入するには

  1. [設定] > [データの管理] > [データのバックアップ] に移動します。 
  2. 繰り返しタイプを選択し、 [完了] をクリックします。
  3. データのバックアップのアドオンを購入するように求めるポップアップが表示されます。
    このポップアップは、使用可能なデータのバックアップのアドオンを使い切った場合にのみ表示されます。



  4. 購入数を選択し、 [決済する] をクリックします。

アドオンのダウングレード

アドオンをダウングレードするには

  1. 管理者権限でZoho CRMアカウントにログインします。
  2. [権限] > [購入] > [サブスクリプション管理] をクリックします。
  3. [ユーザー/アドオンのダウングレード] をクリックします。



  4. 購入済みのバックアップのチェックボックスをオンにして、 [ダウングレード] をクリックします。



  5. [確認] をクリックします。 






ファイル形式 

エクスポートされるCRMデータは.CSV形式で、1つのアーカイブ済み(*.zip)ファイルに圧縮されます。このファイルは、テキストエディターまたは表計算シートアプリで開くことができます。

Microsoft ExcelでCSVファイルを開く手順は、次のとおりです: 

Microsoft Excel 2007の場合:

  1. Microsoft Excel を開きます。
  2. [データ] タブで、[外部データを取得]セクションから [テキストから] を選択します。
  3. [テキストファイルのインポート] ダイアログボックスで、エクスポートしたCSVファイルを選択し、 [インポート] をクリックします。
  4. [テキストのインポート] ウィザードのダイアログボックスで、次の項目を指定します。
    1. [ファイルの種類] [区切り] ファイルタイプを選択します。 
    2. [元のファイル] :元のファイルを 「Unicode(UTF-8)」 として選択し、 [次へ] をクリックします。 
    3. [区切り文字] :区切り記号を [コンマ] として選択し、 [終了] をクリックします。

      セルの範囲を選択するように求められます。 
  5. セルの範囲を選択すると、対応するCRMデータが表計算シートにインポートされます。

Microsoft Excel 2003 の場合:

  1. Microsoft Excel を開きます。
  2. [データ] タブ> [外部データを取得] > [データのインポート] の順にクリックします。
  3. [データ ソースの選択] ダイアログボックスで、エクスポートしたCSVファイルを選択し、 [開く] をクリックします。
  4. [テキストのインポート] ウィザードのダイアログボックスで、次の項目を指定します。
    1. [ファイルの種類] [区切り] ファイルタイプを選択します。 
    2. [元のファイル] :元のファイルを 「Unicode(UTF-8)」 として選択し、 [次へ] をクリックします。 
    3. [区切り文字] :区切り記号を [コンマ] として選択し、 [終了] をクリックします。

      セルの範囲を選択するように求められます。 
  5. セルの範囲を選択すると、対応するCRMデータが表計算シートにインポートされます。 
メモ
  • Zoho CRMでは、有害な情報やデータは、その種類を問わず、エクスポートされるファイルに含めることはありません。ただし、未知のセキュリティ-上の脅威から身を守るための予防措置として、エクスポートされたファイルをMS Excelで開く際に、実行可能な操作に関する警告がないか確認することをおすすめします。Zoho CRMからエクスポートしたCSVファイルのコマンドは更新しないでください。
  • 次の項目はデータのバックアップには含まれません: 
    • メール:メールの内容と添付ファイル
    • ドキュメント
    • 連携によって取得されるすべてのデータ

関連情報




          Zoho CRM Training Programs

          Learn how to use the best tools for sales force automation and better customer engagement from Zoho's implementation specialists.

          Zoho CRM Training







                          • Related Articles

                          • CRMデータのエクスポート

                            Zoho CRMを使用すると、簡単な手順でCRMデータをすべてエクスポートしてバックアップできます。使用可能なエクスポートオプションは次のとおりです: データのエクスポート(タブとレポート) CRMデータのバックアップの申し込み              タブのデータのエクスポート データのエクスポート ...
                          • 監査ログの確認

                            監査ログは、Zoho CRMのユーザーが実行した操作履歴を時系列順に一覧で表示したものです。監査ログは、予定の前後に発生したことを判断したり、特定の予定に関連付けられたデータを識別したりする場合に役立ちます。 利用条件  必要な権限 監査ログ機能には、管理者権限を持つユーザーがアクセスできます。  各プランの機能と制限を確認する 監査ログ機能では、タブで実行される以下の操作が表示されます: タブ 実行された操作 見込み客 取引先 連絡先 商談 活動 (タスク、予定、通話) ...

                          Resources

                          Videos

                          Watch comprehensive videos on features and other important topics that will help you master Zoho CRM.



                          eBooks

                          Download free eBooks and access a range of topics to get deeper insight on successfully using Zoho CRM.



                          Webinars

                          Sign up for our webinars and learn the Zoho CRM basics, from customization to sales force automation and more.



                          CRM Tips

                          Make the most of Zoho CRM with these useful tips.